悲観の中の3月はラリーの季節?

クレディ・スイス証券からのレポートで面白いものを見つけました。その題名は『危機に効く「ラリーの法則」』。

内容をざっくり言えば、(1)長いベア相場の過程で3月前後にラリーに発生し、株価上昇率が20%強。(2) 皆が業績予想を下方修正したところで「悪材料出尽くし感」から一旦は買い戻される。というものです。

もともと年間アノマリー的にも「啓蟄(3/6日頃)」の頃から上昇気流に乗ることも多く、業績ばかりではなく、配当狙いや、貸株の返却などの需給によるものも原因ではないかと私は見ています。

20090204_01.jpg

ITバブル崩壊時のラリーが発生した時期をチェックしてみましょう。 2001年は3/13~5/7、2002年は2/6~3/19 の間で株価が20%程上昇しています。昨年の場合は3/17~6/6
の間で、やはり株価が20%程上昇しています。レポートの指摘通りです。

20090204_02.jpg

ということは、今年も3月は(もしかして今日から始まった?)アノマリーとして、底値から20%上昇を目途に狙いたなーと思うのですが、どうでしょうかね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する