野村HDの公募大作戦(修正)

(T&Dホールディングス(8795)の発行価格等決定日を勘違いしていたので、初回投稿記事を修正しました)

本日野村HD(8604)が「公募増資」の発表を行いました。発行済株数の最大36%超(オーバーアロットメントは考慮せず)にあたる株数で、公募増資としては、まれに見る大規模です(通常は1割程度)。

ちょっと変わった発表として、発行価格等決定日については、「市場動向等を考慮して、発行決定日を繰り上げることがあり、最も早い場合で、2009 年3 月4 日(水)まで繰り上げることができる」とあり、実質2009 年3 月4 日(水)以降であれば、いつでも発行価格決定日にする事ができます。

こんなふうに発行価格決定日を縮める日程を明示する例は、私は知りません(単に気づいていないだけかもしれませんが)。これによって、発行価格等決定日の初日の終値に向かって叩き売られることを防ぐ効果があります。

発行価格決定日を縮めるには、資金の集めを早める必要がありますし(しかも3000億規模)、他との調整が必要でしょうから、本当にできるのかどうかちょっと疑問なのですが、手慣れている野村HDだけに、やれなくはないかも知れませんね。

ご参考までに、前回の三菱UFJFGの公募増資時との比較です(対TOPIX超過リターン)。ほぼ似た位置まで戻しました。

20090223_01.jpg