野村HDの公募大作戦(修正)

(T&Dホールディングス(8795)の発行価格等決定日を勘違いしていたので、初回投稿記事を修正しました)

本日野村HD(8604)が「公募増資」の発表を行いました。発行済株数の最大36%超(オーバーアロットメントは考慮せず)にあたる株数で、公募増資としては、まれに見る大規模です(通常は1割程度)。

ちょっと変わった発表として、発行価格等決定日については、「市場動向等を考慮して、発行決定日を繰り上げることがあり、最も早い場合で、2009 年3 月4 日(水)まで繰り上げることができる」とあり、実質2009 年3 月4 日(水)以降であれば、いつでも発行価格決定日にする事ができます。

こんなふうに発行価格決定日を縮める日程を明示する例は、私は知りません(単に気づいていないだけかもしれませんが)。これによって、発行価格等決定日の初日の終値に向かって叩き売られることを防ぐ効果があります。

発行価格決定日を縮めるには、資金の集めを早める必要がありますし(しかも3000億規模)、他との調整が必要でしょうから、本当にできるのかどうかちょっと疑問なのですが、手慣れている野村HDだけに、やれなくはないかも知れませんね。

ご参考までに、前回の三菱UFJFGの公募増資時との比較です(対TOPIX超過リターン)。ほぼ似た位置まで戻しました。

20090223_01.jpg

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する