イベント投資の本が出版されます!

私事で恐縮なのですが、いよいよ2月6日(金)に私の初めての著書となる「イベント投資でゆったりはじめる ”夕凪式”株式システムトレード講座」が発売されます。技術評論社からの出版です。

内容は、なぜ今システムトレードなのか…から始まって、イベント投資にたどり着いた経緯や、イベント投資手法の作り方、そして今使っている投資手法と実際の売買例、最後に常識と思われる事が違っている部分、について記載してみました。

ホームページを開設した当時は、出版なんて夢にも思っていませんでした。これも私のページにいらっしゃった方々が貴重なコメントを残して頂いたお陰で、どんどん内容が充実してきたためだと感じています。私一人の力ではとうてい成し得ない事でした。どうもありがとうございます。

そのせめてもの感謝の意を込めまして、巻末に掲示板やメール、飲み会等でコメント頂いた方々のお名前を掲載させて頂きました。締切の都合上、ホームページ開設から昨年10月末くらいまで分を掲載しています。出版されましたら、お名前を確認してみてくださいませ。

昨年11月以降に頂いた方の分は、次回の出版時(ってあるのでしょうか? 今回の書籍を買って頂くと、次の出版の話がきやすくなります(笑))以降に反映させて頂く予定です。

実は3年くらい前にも「本を書きませんか」と別の出版社からお誘いを受けた事があります。しかしながらその当時は郵政民営化の流れを受けて、資産2倍、3倍は当たり前、数億~数十億という活字が飛び交う状態で、それに比べて私のイベント投資は「地味」といことで企画会議に通らずに没になった経緯があります。

逆に今がこんな相場であるからこそ、陽の光が当たるようになったのかも知れません。

もちろん、書籍で書いた投資手法が優れているというつもりは毛頭ありません。世の中にはこんな変わった視点からの投資手法があるのだという事と、常識と思い込んでいたことが実は違っている場合もあるよという事を知って頂けたらと。

今のご自身の投資手法にちょっとしたスパイスを加えてみたい… という方にお勧め致します。書店に並んだら時に、少し中身を覗いて様子を見てくださいませ。全部の書店に行き渡るまでは多少時間がかかるそうですので、金曜日に並ばない所もあるかも知れません。

書籍を書き始めてから完成まで約1年間かかりました。長かったようで、短かったようで。休日はずっと執筆にあてていましたので、投資戦略の更新がスローになってしまいました。これからまたスピードアップしたいと考えています。

皆様、本当にどうもありがとうございます! 感謝しています!




P.S. 出版社の担当者の方の茶目っ気から、本の表紙に内容と関連するデザインが含まれています。探してみてくださいね。

Comments

  1. petitbootang says:

    夕凪さん、初めまして。
    私もこの本は熟読しました(^^)
    ただ、相場の場合どうなんでしょう…
    年末に両建は皆さんそれなりにやってると思いますが、あまり多額でやりすぎると当局に目を付けられる可能性もありますよね(^^;)
    もっとも、株や株先は給与所得などと通算出来ないですしね。
    あ、でも、くりっく365でない通常のFXは総合課税ですので、この技が使えるのでしょうか?
    だけど事業所得に認めさせられるのかな…
    ん~、しかし、強引に無税にするよりは儲かった方が良いとも思うんですがねぇ。

  2. こんにちは petitbootang さん。
    コメントありがとうございます。
    エンジュクさんの投資日記フェスティバルに出店されていたインヴァスト証券さんのブースから、たまたま「FX投資家のための税金の本」というものを頂きました。その中に、事業所得として申告することも可能な旨記載がありました(もちろん継続性が問われたりするのですが)。
    株や先物もCFDで取引すれば同じ仲間なので、これも事業所得として申請すれば、通算可能だと思います(実際に認められるかは別として)。
    損した時はいいですけれど、儲けた時には税率が高くなるので、どっちがいいのでしょうかね。
    私も無税に汗かくよりも、儲ける方に力を注いだ方が楽しいと思います。