毎度おなじみ

先週の投資部門別売買状況ですが、毎度おなじみの状況です。外国人投資家が売って、信託銀行が買って、個人投資家は下がれば買うし、上がれば売る。今回は下がったので買いが集まりました。

2009年2月第2週( 2月9日~2月13日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己19,238▲ 85,412▲ 126,167▲ 192,341
外国人▲ 18,30350,917▲ 196,385▲ 163,771
個人10528,019153,698181,822
信託銀行2,792▲ 6,862139,695135,624


ちょっと気になるのは、信託銀行の買いが細っていること。先週は立会日数が4営業日でしたので、その影響もあるのかも知れません。まああまり気にしない事にしましょかね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. いつもみさせていただいているYoshiLLowです。以前、夕凪さんの「絶好調銘柄の検証」はたいへん参考になりました。最近、私が買っていたMonotaRo(3064)が野村證券が新規で「1」をカバーしたことで急上昇しました。そこで会社四季報の「絶好調」のように野村などの大手が「1」とカバーしたあとの株価の動きも同様にしばらく効果があるのでしょうか?過去のデータを集計してもし効果があるならこうしたレーティングを参考にした投資ができるかもしれないと思い、質問してみたくなりました。

  2. こんにちは YoshiLLow さん。
    ネタの投稿、ありがとうございます!
    レーティングについては面白そうですね。友人からは数社以上から最低レートをつけられると、その後に株価が上昇する傾向にあるそうです。レーティング低は逆張り指標になりそうですね。レーティング高はどうなるのか調べてみたいですね。
    問題はどうやってデータを集めるかと、何を基準に判別するか…。少し考えてみます!
    取り急ぎ、お礼申し上げます!