公募株 野村HD, T&DHD

野村HD(8604), T&DHD(8795)の公募増資は、正直、予想がかなり外れてしまい、私の場合はあまりかんばしくない結果となってしまいました。その原因を防忘録として残しておきます。

その最大の理由はJACKさんも述べられていました、三菱UFJの公募価格決定後の株価上昇の残像にある気がします。その記憶がまだ鮮明なうちだったため、掲示板でもご指摘がありましたように、個人投資家の申し込みが予想以上に好調で、公募株の配分がヘッジファンドまで回らなかった(株もパソコンもど素人さん、情報ありがとうございます!)。

そうすると、ヘッジファンドはカラ売りで株価を下げて、公募株をもらって品渡しで鞘を抜く黄金パターンが作れず、事前にカラ売りしていた分を買い戻しせざるを得なかった。

この結果、公募株価が十分に魅力的な水準まで落ち切れずに決定してしまい、更には当選後にカラ売りで鞘を抜こうとする個人投資家が多くなり、公募価格ぎりぎりの所に株価が低迷してしまう。

以上はあくまで推定です。こういった推理を野村HDが公募価格決め日を変更した時に気づけばよかったのですが、まあ無理でしたね。今回はいい勉強になりました。でもまたこれで個人投資家が公募株応募に懲り、いつものパターンの公募増資に戻ってくる…
と希望的観測。