どうなる日経平均株価採用銘柄

明治製菓(2202)明治乳業(2261)とが株式移転による共同持株会社(明治ホールディングス)設立により、空き枠がひとつ出る日経平均株価。発表日は恐らく3月12日(木)だろうと推測しています。

上場廃止によって日経平均株価に空き枠が発生するようなパターンでは、日本経済新聞社は東証からの上場廃止発表を待って、その同じ日に新規銘柄を発表する傾向にあります。

明治製菓と明治乳業の上場廃止日は3月末の権利日最終日の翌日となる3月26日(木)でしょうから、その2週間前に東証は発表することになっています。ということで、3月12日(木)が濃厚となります。

以前、採用候補銘柄として、私はマルハニチロ(1334)を挙げていたのですが、どうも業績が思わしくなく、この銘柄を採用するには結構勇気が必要です。

そこで、私の予想の中で急浮上してきたのが東洋水産(2875)ローソン(2651)です。どちらもみなし株価が手頃で(ローソンはやや大きい)あり、業績もそれなりで、とても採用しやすいように思えます。

東洋水産は板の薄さ(1,000株売買)から、ローソンはウエイトの大きさから、採用されたらとても面白いと思うのですが、やっぱりマルハニチロとなったら、ちょっとテンションが下がります(笑)。

CCC(4756)も候補としてあるのですが、日本経済新聞社は伝統的な企業を好む傾向にあるため、ちょっと厳しいのではないかと。その他の候補銘柄についてはZAKZAKからどうぞ。どう考えてもダイエー(8263)はないと思うぞよ。