GPIF(公的年金)は本当に買いをやめたみたい

先週の投資部門別売買状況ですが、信託銀行は先物も株式も含めてオール売り越しで、合計で1,000億を超える売り越しでした。一方でその反対だったのが外国人投資家でオール買い越し。もしやと思って久々に外国人投資家の時価総額に対する割合グラフを更新しました。

2009年4月第2週( 4月6日~4月10日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己34,176▲ 32,875▲ 56,787▲ 55,486
外国人23,23020,031107,651150,912
個人▲ 106▲ 8,98233,81124,723
信託銀行▲ 53,217▲ 10,319▲ 47,653▲ 111,189


20090416_01.jpg

ちょっと分かりにくいですが、まだ13週と26週の線が交差せず、ゴールデンクロスにはなっていません。今年に入って外国人投資家が売りまくっていたのが原因です。来週あたりはクロスするとは思いますが、あまり形の良いゴールデンクロスではありません。

話を信託銀行に戻して、信託銀行の動向について記録を取り始めた昨年10月以降、先物と現物株を合計して売り越しだったのは1回だけで、その時も100億未満の売り越しでした。今回の売りが突出しているのが分かります。GPIF川瀬理事長がお話されていた「4月からは売り主体になる」という話が現実味を帯びてきました。

今後は信託銀行に多くは期待できません。急落した時には個人投資家が買いに入りますが、じわじわ下落し始めた時に誰も止める人がいない…。そんな状況になっているようです。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する