環境バブルの兆候?

ある方から教えて頂いたのですが、4/16日に日興シティから「環境バブルの兆候? 10年前のITバブルに似てきた」というレポートが発行されていました。「危機の後にはバブルがやってくる
」という話です。

ポスト京都議定書を決めると言われている(本当に決まるかまだ怪しいらしいですが)COP15が今年の12月に開催されます。そういったタイミングでもあります。

つい最近までは、いつが株式相場の底なのか… といった話題で占められていたのですが、こんなバブルを言及するようなレポートが出てきたのは多少余裕がでてきたためでしょうか。

今のところの主役候補一番手は、今日も頑張っていたGSユアサ(6674)でしょうかね。こんなPERやPBRなんかじゃ買えないと普通考えるのですが、ITバブルの頃はPER100倍、1000倍が珍しくない世界でしたからね。

少々面白い所では、レポートの中にスマートグリッドとして住友電気工業(5802)の名も ありました。フィデリティ投信が買っているのもそういった理由からかな?

気が早いかも知れませんが、環境バブルが勃発した場合、ITバブルを参考にしながら、どの銘柄をどこまで引っ張るのかを考えておくのも悪くはないのかも。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. すぶみ says:

    こんにちは!
    エルピーダホルダーですが
    29日MSCIの組み入れ比率の修正が
    あるとのことですが
    減るんでしょうか?
    すいません。。どこにも書いてなくてww

  2. こんにちは すぶみ さん。
    MSCIはほとんど情報を一般公開しません。公開のための情報料は証券会社がビビる程だそうです。なので、どこにもなくても不思議じゃないのですよね。
    それでも大和証券に口座があれば、ネットからレポートは見れるようです。
    エルピーダはほんの少しだけ増えます(買われる方)。でもほとんど分からない程度だと思います。
    取り急ぎ。

  3. すぶみk says:

    ありがとうございます!
    さっきPTSで100株だけ東京エレ買いました^^;
    エレは結構買われるって聞きましたが、、、汗

  4. 間違えました!
    エレくは明日のことです!
    N半導体ファンドですww