微妙なバランス

先週の投資部門別売買状況ですが、なんと個人が買い越しNo.1です。逃げ足が早い資金ゆえにあまり信頼がおけません。外国人投資家は先物を買っているのですが、株式は買わずにあまり長期系ではなさそうです。

2009年4月第3週( 4月13日~4月17日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 8,632▲ 58,856▲ 68,491▲ 135,980
外国人35,33770,832▲ 967105,201
個人▲ 25▲ 3,551130,516126,939
信託銀行▲ 22,572▲ 15,374▲ 47,838▲ 85,784


信託銀行は先週に引き続きマイナスで、完全にGPIF(公的資金)はお休み体制ですね。他の年金も年度末でリバランスが一旦終了したのか、積極的に買いにくる気配はありません。

継続的に買いに出る主体がいなければ、売りに出る主体もおらず、今の株価は微妙なバランスの上にあるようです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する