微妙なバランス

先週の投資部門別売買状況ですが、なんと個人が買い越しNo.1です。逃げ足が早い資金ゆえにあまり信頼がおけません。外国人投資家は先物を買っているのですが、株式は買わずにあまり長期系ではなさそうです。

2009年4月第3週( 4月13日~4月17日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 8,632▲ 58,856▲ 68,491▲ 135,980
外国人35,33770,832▲ 967105,201
個人▲ 25▲ 3,551130,516126,939
信託銀行▲ 22,572▲ 15,374▲ 47,838▲ 85,784


信託銀行は先週に引き続きマイナスで、完全にGPIF(公的資金)はお休み体制ですね。他の年金も年度末でリバランスが一旦終了したのか、積極的に買いにくる気配はありません。

継続的に買いに出る主体がいなければ、売りに出る主体もおらず、今の株価は微妙なバランスの上にあるようです。