外国人投資家 復活した?

本日先週分の投資部門別売買状況が発表されました。ゴールデンウィークの関係上、わずか2日間だけの取引にも関わらず、外国人投資家が相当に買い越しました。東証一部時価総額比で10bps超え。10bpsを超えたのは2007年の6月以来と、約2年ぶりです。

 これに対して売り越したのは個人投資家です。「このレベルは高い」と判断しているようですね。

TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 51,67928,38038,56015,261
外国人66,648▲ 12,364384,106438,390
個人▲ 162▲ 424▲ 251,596▲ 252,182
信託銀行2,4994,579▲ 75,424▲ 68,346


外国人投資家が復活した… と言いたい所ですが、もう少し様子を見た方がいいのかも知れません。というのも、東証で公表されている「空売りの残高に関する情報」から、踏み上げられているという話もちらほら。

久々に東証一部の時価総額に対する外国人買いの買い越し割合グラフです。良い形になってきました。そう簡単には急落しそうにない感じがあります。

20090515_01.jpg