公募発行価格決定候補日の初日は「行って来い!」

今日は東芝(6502)の公募発行価格決定候補日の初日でした。ほとんどの場合、公募は候補日の初日に発行価格の決定を行います。東芝も順当に本日、発行価格の決定を行いました。

このため、候補日初日を決め打ちにした売買が活発になります。その日の大型増資銘柄のチャートの形はなぜかしら「行って来い(寄ってから上昇するが、結局戻ってくる)」が多く見られます。今日の東芝そうでした。午前と午後の2回現われています。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

東芝(6502)
20090527_01.jpg

昨年の三菱UFJFG(8306)についても同じです。野村HD(8604)については一日チャートのデータを取っていなかったので、手元になく、もしかしたら違う形かもしれません。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

三菱UFJFG(8306)
20090527_02.jpg

一番最初に私が気づいたのは、2007年のふくおかFG(8354)の時でした。ごちらは1日がかりの出現ですが、やっぱり「行って来い」です。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

ふくおかFG(8354)
20090527_03.jpg

インデックス投資の逆パターンで、機関投資家と証券会社が引値保証での売買をやっていたりするんでしょうかね…。