モンティ・ホール問題

最近、複数の人から「モンティ・ホール問題」を出題されました。初めて聞く方も多いでしょうから(私も最近知りました)、問題の内容をWikipediaから抜粋します。


プレイヤーは、3つのドアを見せられる。ドアの1つの後ろにはプレイヤーが獲得できる景品があり、一方、他の2つのドアにはヤギ(景品がなく、ハズレであることを意味している)が入っている。ショーのホストは、それぞれのドアの後ろに何があるか知っているのに対し、プレイヤーはドアの後ろの様子はもちろん知らない。

プレイヤーが第1の選択をした後、ホストのモンティは他の2つのドアのうち1つを開け、ヤギを見せる。そしてホストはプレイヤーに、初めの選択のままでよいか、もう1つの閉じているドアに変更するか、どちらかの選択権を提供する。プレイヤーは、選択を変更すべきだろうか?



あなたなら、ドアを変更しますか?

正解はドアを変更した方が良い(ただし前提条件があります)。理由については先ほどのWikipediaのページをじっくりご覧くださいませ。

この原理をうまく株式投資に直接生かせる場面がないか考えたのですが、なかなか思い浮かびませんでした。

それでも無理やり場面を作り出すとすれば、こんな時でしょうか。

 インサイダー情報を知るY氏から、 A社、B社、C社のどれかがTOBされることを投資家Zは聞き出した。しかしながら投資家Zはその情報を得るための条件としてY氏から、A社、B社、C社のどれか1社にしか投資してはならないと制限が課された。

投資家Zは一計を案じて、Y氏に対してこう頼んだ。「私はA社だと睨んでいる。ヒントとしてB社かC社のうち外れている方を教えてくれ」。


見事にY氏がこの質問に答えてくれたら、確率が1/3から2/3へ。ああ、現実にはなさそう(笑)。