先物を取り戻した外国人投資家

連休があった週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家は買い越し。先週と違い現物はわずかの買い越しですが、先物は大きく買い越し。先週売った分を取り戻したという感じです。

2009年10月第2週( 10月13日~10月16日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 28,068▲ 124,97046,114▲ 106,923
外国人6,557127,92479,956214,437
個人3933,878▲ 82,129▲ 77,858
信託銀行23,841▲ 5,305▲ 51,095▲ 32,559


個人投資家は相変わらずの逆張り。相変わらずではあるのですが、外国人投資家の売買で相場の方向感がきまちゃいますね。

さて、先週も掲載しました「外国人投資家の買い越し割合移動平均のグラフ」ですが、今回はTOPIXの上昇率と分かち書きしたグラフも掲載します。どちらもメリット、デメリットがあるのですが、フィーリング派とより正確派で好みが分かれるのでしょうね。

従来のグラフ:
20091024_01.jpg


分かち書きしたグラフ:
20091024_02.jpg