急落時に買っていた投信と生保

ドバイショックで金曜日に大きく値下がりした先週の投資部門別売買状況ですが、逆張りが常だった個人投資家は、この中でも売り越し。外国人投資家も先物を売って逃げていた事が分かります。

それじゃあ、誰が買っていたのか… とよくしらべてみると、投資信託と、生保・損保がいつもよりもドンと買っていたのです。さわかみファンドも買っていたのかなぁ。

自己、外国人、個人、信託銀行の4投資部門が合算されると、大抵プラスマイナス0近辺になるのですが、今回はマイナス側に大きく振れました。

2009年11月第4週( 11月24日~11月27日 )

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己59,29172,950▲ 182,288▲ 50,047
外国人▲ 19,538▲ 142,64813,435▲ 148,751
個人▲ 137▲ 5,305▲ 8,072▲ 13,515
信託銀行▲ 34,616▲ 82387,99152,552


逆張りの個人投資家がこんな中でも売っている… 今までの傾向からは考えられない程なのですが、公募増資に伴う空売り・ヘッジ売り・公募株の売りが膨らんだのではないでしょうか。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する