「調整係数の適用対象の見直し」によるTOPIX買い日結果

4/28は「調整係数の適用対象の見直し」によるTOPIX買い日でした。まずは4/7の発表日からの株価推移です。発表当時、ウエイト上位、ウエイト下位と計算された銘柄の上位10銘柄、下位10銘柄の株価推移です。市場の影響を排除するため、TOPIXで差分調整しています。

発表直後にウエイト上位は上昇。それからしばらく滞留して、中旬からは実需も巻き込んで上昇… のように見えます。

こんな場合は「売り」と「買い」でバランスを取って、そのサヤを抜きたい所ですが、「売り」側で貸借銘柄ではないものもあったりして、TOPIX先物の売りで代用した方がいいのかもしれません。

20100429_02.jpg

20100429_03.jpg

そして最終日… 大引けでそれなりに動きましたが、単純な値動きではなかったため、買いタイミングをしっかり選ばないと厳しい結果でした。 (出典:
Yahoo Japan Corporation.)

コード銘柄信用前日比当日比VWAP比
9983ファーストリテイリング貸借▲ 1.37% 0.49% 0.10%
8729SONYFH貸借 1.54% 1.38% 0.90%
8283Paltac信用▲ 2.58%▲ 0.15% 2.30%
6730アクセル貸借▲ 1.61%▲ 1.29%▲ 0.08%
9706日本空港ビルデング信用 4.19% 4.19% 0.21%
6965浜松ホトニクス貸借▲ 2.29% 0.69% 0.31%
1606日本海洋掘削信用▲ 3.30%▲ 1.39%▲ 0.52%
7944ローランド貸借 2.70% 4.24% 0.87%
3770ザッパラス信用▲ 6.04%▲ 4.29%▲ 1.41%
2120ネクスト信用 2.70% 4.50% 2.48%
TOPIX先物▲ 2.16% 0.57% 0.04%


SONYFH(8729)
20100429_04.jpg

ヤマハ発動機のFTSE買い日結果

少々遅くなりましたが、4/27のヤマハ発動機(7272)のFTSE買い日結果です。予想外に順調(笑)。市況が良くなって、「インデックス買いに参加しなくても、別の方で儲けるからいい」という参加者が増えたため??
それとも、第一生命で懲りた?? (出典: Yahoo Japan Corporation.)

コード銘柄前日比当日比VWAP比
7272ヤマハ発動機 2.83% 2.67% 1.25%
(参考)TOPIX先物 0.10% 0.45% 0.25%


20100429_01.gif

一般常識とは反対の戦略

 一般常識からすれば、まるで反対じゃないかと思えるような戦略を平然とこなしている…。突出した投資成績を持っている人の共通点のように思えます。

JACKさんの本「元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術 」にもその一般常識に反するような、驚きの見出しのページがありました。

それは 80Pageの「証券マンのすすめる株を買う!」です。

投資経験が長い方は「証券マンのすすめる株」ほど危ないということを良く知っていると思うのですが、それでもあえて買うんだそうです。損しても構わない、いや、損する方がいいのだそうです。この戦法はマジ驚きました。

この本に掲載されている事を実践すれば、すぐに書籍代の元を取れるのは間違いはないですが、それよりも、自分の中で作り上げた「常識」が、思考停止に陥らせていることを、改めて思い知らされました。おススメです!



東証アローヘッドの影響

土曜日には縁があって、業界関連者と飲み会がありました。印象に残ったお話をいくつか。

・TOPIX買い日やFTSE買い日などの買い注文は、ぎりぎりまで出てこない。フル板を見ていてもどこで約定されるのかは分からない。

・東証アローヘッドになって、9:00-9:30 の値動きが全く変わってしまった。儲けが出なくなった人も多い。9:30以降の値動きにようやく慣れてきた段階。

・みずほの板の状況が先週あたりから変わってきたとの話。公募は近いと踏んでいるようだ(私にはさっぱり違いが分かりません ^^;)。

16:30頃から飲み始めたのですが、場所を2回変えて、帰宅は最終近くになりました。投資家同士の飲み会は、いつも話題が尽きないですね。

引き続き外国人と個人の信用が買い越し

先週の投資部門別売買状況ですが、先週に引き続き外国人投資家と個人投資家の信用分は買い越し。ただ、外国人投資家の買い越し額は少々弱まっています。さあ、いつまで続く?

2010年4月第2週( 4月12日~4月16日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己66,44417,477▲ 118,391▲ 34,470
外国人▲ 5,454▲ 116,729222,679100,496
個人▲ 3766,127▲ 39,60026,490
信託銀行▲ 52,2922,63118,025▲ 31,635
投資信託▲ 5,18522,025▲ 11,4245,416
事業法人0▲ 1,668▲ 22,370▲ 24,038
その他法人等0▲ 7395,0484,309
生保・損保▲ 2,8200▲ 23,080▲ 25,900
都銀・地銀等▲ 433745▲ 14,077▲ 13,765
その他金融機関▲ 98▲ 885▲ 6,387▲ 7,370


ヤマハ発動機のTOPIX買い日

 本日はヤマハ発動機(7272)のTOPIX買い日でした。早速チャートを見てみます。途中までは良かったのですが、市場の下落にも引っ張られて、結局可もなく、不可もなく。

相場が落ち着いている時のTOPIX買いは難しいですね。しばらくガマンかな…。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

コード銘柄時価総額前日比当日比VWAP比
7272ヤマハ発動機 468 0.00% 0.08%▲ 0.09%
(参考)TOPIX先物0.26%▲ 0.21%▲ 0.33%


20100420_01.gif

2004年と似たチャート

三菱UFJ証券の藤戸レポート、4/12発行の「2004年相場」が示唆するもの に、2004年と今年の2010年について、チャートの形がかなり酷似していることが紹介されています。3ページ目のグラフ5です。ご覧ください。

その他に、同じ三菱UFJ証券のレポートで、年間安値から急上昇した翌年のチャート(1996年、2000年、2004年、2006年)を見た事があるのですが、いずれもゴールデンウィークあたりが鬼門となり、一旦の高値を形成することが多いようです。

今、書いていて気が付きましたが、いずれも偶数年なのですね。2004年と2006年は2年おきでしたが、他は4年おき。今年の2010年はばっちりのタイミングでした。じゃあ次は、2012年か2014年でしょうか。その前年の安値を狙いうち!(笑)。

個人投資家の信用もついに買い越しへ

4月SQもあった先週の投資部門別売買状況ですが、相変わらず外国人投資家が引っ張る展開。毎週すごい額です。そして個人投資家の売り越し額が細って、個人の信用についてはとうとう買い越し側に回りました(現物は売り越し)。上昇トレンドを追いかけ始めたようです。

2010年4月第1週( 4月5日~4月9日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 71,852▲ 26,942▲ 259,149▲ 357,944
外国人34,372▲ 167531,239565,444
個人22725,483▲ 70,938▲ 45,228
信託銀行29,440▲ 3,305▲ 116,298▲ 90,163
投資信託6,101▲ 7,044▲ 3,546▲ 4,489
事業法人▲ 1,9895,826▲ 23,852▲ 20,015
その他法人等▲ 303,010▲ 1,3331,647
生保・損保5,836▲ 5,085▲ 28,138▲ 27,387
都銀・地銀等▲ 1,8623,132▲ 11,395▲ 10,125
その他金融機関▲ 128105▲ 9,083▲ 9,106


第一生命のMSCI買い日結果

本日は第一生命のMSCI買い日でした。結果を見てみましょう。VWAPは狙ったかのように、かろうじてプラス。(出典: Yahoo Japan
Corporation.)

コード銘柄前日比当日比VWAP比
8750第一生命▲ 0.98%▲ 0.92% 0.06%
(参考)TOPIX先物 0.46%▲ 0.15% 0.03%


20100414_01.gif


日経平均株価入れ替え程の規模は別として、市場のボラティリティが低下している時の、世間に周知されているインデックス買いは苦しいです。結果がどう出るかがやってみなければ分からない丁半バクチのような感じになります。ツチヤさんの「レジューム・スイッチ・モデル」の内容を見て、ああ、これだ…。と感じてしまいました。

ボラティリティが低下すると、売り手のコバンザメ投資家が先回りポジションを大量に作ってもそれ程怖くないし、買い手側はトラッキングエラーをあまり気にしなくても良くなるし。そんな所が影響しているように思えます。リーマンショック後には本当に良く効いていた投資法なんですけどね。

またボラティリティが上がらない限り、世間に周知されているようなインデックス買いは"ほどほど"にしようかと。あと「公募増資の空売り」も同じ仲間です。今は長期ロング系のイベントが調子いいです。

セミナー参加者の皆様へ

昨日はセミナーお越し頂き、どうもありがとうございます。飲み会最後までお付き合い頂いた方とは12時間近くも一緒となり、大変お疲れさまでした。

私の方もいろいろと情報頂き、感謝しております。今、私は産卵後のシャケ状態でセミナーで燃え尽きましたが(笑)、南の島で皆お逢い出来る日を楽しみにしております!