大塚HDのMSCI買い日

ちょっと更新が遅くなりましたが、12/29(水)は大塚HD(4578)のMSCI買い日でした。その結果と第一生命(8705)のMSCI買い日時(4/14)との比較を見てみます。

大塚HD(4578)
20101231_01.gif

第一生命(8705)
20101231_02.gif


形状似ている…といえば似ているかもしれません(ちょっと無理があるか?)。結局最後がぱっとしなかったのはどちらも共通ですが(笑)。

それから似たチャートの続きです。TOPIXで差分調整しています。もうすこし株価が上昇することを期待していたのですが、売買ポイントがほぼ予想通りでしたので、まあいいですかね。

20101231_03.jpg


さて今年はこれが最後の記事となりました。本年は皆様からいろいろと有用なコメントや情報を頂き、どうもありがとうごいました。お陰さまでまた勉強させて頂きました。とても感謝しております。来年もどうぞよろしくお願いします。

メルマガで利用した散布図

 本日20:00配信のエンジュクさんからのメルマガで利用した散布図を掲載します。


m20101229_01.jpg



m20101229_02.jpg



m20101229_03.jpg



m20101229_04.jpg



m20101229_05.jpg


2010年12月末高逆日歩リスト

今月は月末の株主優待獲得をクロス取引で狙う場合、5日分の逆日歩を覚悟しなければならない根性を試される月でした。本日その逆日歩の結果が出ましたので、い高逆日歩リストを掲載します。

 12/31 追記: 大証系(大1,大2,JQ)の株価について、権利日の終値を利用すべき所を権利落ち日の終値を利用していましたので、表を正しい値に修正しました。田中有馬菜々さん、ご指摘、ありがとうございます!

コード銘柄名市場超過株数品貸料備考
5398日本研紙  大2 50,000 30 17.86%
2266六甲バター 大2 11,000 60 12.77%
9656グリーンラン大2 22,500 30 9.77%
9757船井総合研究大1 86,500 40 7.30%
4025多木化学  大1 34,000 30 6.06%
9702アイエスビー東証 7400 39.5 5.98%
9441ベルパーク JQ 68 6000 4.59%
2402アマナHD東証 13800 20 4.45%
2226フレンテ  JQ 9,600 80 4.40%
3091ブロンコビリJQ 12,000 80 4.19%
7625グローバル東証 12500 4.75 2.65%
1313サムスンKO東証 2360 50 2.56%
6328荏原実業東証 36200 20 1.55%
6245ヒラノテクシ大2 20,000 15 1.24%
1693銅ETF東証 540 45 1.13%
1679NYダウ東証 5020 100 1.06%
2372アイロムHD東証 592 25 1.06%
4826CIJ東証 155600 2.5 0.89%
9790福井コンピ東証 13900 2.75 0.62%
8179ロイヤルHD東証 457700 5 0.56%
1311TPX30東証 5510 2.5 0.49%


相変わらずJASDAQや大証銘柄が上位にきます。六甲バター(2266)は毎度の常連組です。その他にも優待負けしている銘柄がいくつか出ています。また、優待と関係ない急騰銘柄の高逆日歩もチラホラ。

一方でビール系の優待のクロスは安泰。大型銘柄は比較的安心ですね。

第一生命と大塚HDその後

都合よく当たっている時には続編を紹介し、当たっていない時にはやめてしまう、ご都合主義の「似ているチャート」シリーズ(笑)。

第一生命(8705)大塚HD(4578)の比較その後です(TOPIX調整後)。いい感じになってきました。MSCI買い日の前日(12/28)まではいけるかな?

20101226_01.jpg

海外投資家が快調

先週の投資部門別売買状況ですが、傾向はほどんど先週と変わらず。海外投資家が快調に買い進めています。

個人の信用買いも若干ながら買い越しへ。短期~中期投資家については相場に乗っていこうという意思がチラホラ見えてきています。

2010年12月第3週( 12月13日~12月17日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 82,04547,88220,894▲ 13,269
海外投資家63,367▲ 59,026212,910217,252
個人▲ 1041,412▲ 177,673▲ 176,366
信託銀行2,7749,022▲ 14,712▲ 2,916
投資信託4,651▲ 4,024▲ 1,783▲ 1,156
事業法人0▲ 2,717▲ 10,573▲ 13,290
その他法人等▲ 208▲ 1,57828,42126,636
生保・損保5,3120▲ 40,743▲ 35,431
都銀・地銀等6,6787,054▲ 13,279453
その他金融機関01441,5061,650


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 789,489  591,985▲ 197,504
個人信用▲ 775,491 795,321 19,830


20101225_01.jpg

第一生命と大塚HD

今年の大型IPO株である第一生命(8750)大塚HD(4578)。大塚HDの値動きを見ていると、第一生命の再来じゃないかと感じたので、グラフにしてみました。

第一生命は上場2日目の始値を100%(1日目は一本値だったため)、大塚HDは上場1日目の始値を100%としたグラフです(TOPIX調整済み)。あらそうでしたか。

20101219_01.jpg

なんでこんなに似ているのか。第一生命の株式を割り当てられた保険を掛けていた人、大塚HDで株式を持っている従業員、といった特性の人が値動きを見て一気に確定売りに走ったためでしょうかね…。

今後の大塚HDの値動きとしてはリバウンドしてMSCI買い日前あたりにピークでしょうか(自己責任でよろしくです)。

しかし、大塚HDのMSCI採用発表が上場初日終了後ではなく2日目になったので、どれだけの人がMSCIに採用された事を知っているのか…。MSCI採用が12/30ですので、その前日がMSCI買い日です。

投資部門別売買状況に波乱なし

波乱のBIG SQ日を含む先週の投資部門別売買状況ですが、海外投資家が相変わらずの買い越し。こちらはまったく波乱なし。ただBIG SQの週は値がゆがむことが多いので、参考情報程度の扱いで。

2010年12月第2週( 12月6日~12月10日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 70,904▲ 50,118156,42335,402
海外投資家76,907109,359104,984291,250
個人▲ 311▲ 8,445▲ 176,674▲ 185,430
信託銀行▲ 16,586▲ 100,43318,392▲ 98,627
投資信託6,56447,318▲ 44,4189,464
事業法人20▲ 6,029▲ 125▲ 6,134
その他法人等▲ 442,72936,19138,877
生保・損保6,681115▲ 54,962▲ 48,167
都銀・地銀等▲ 2,5473,734▲ 14,961▲ 13,774
その他金融機関▲ 81,365▲ 14,209▲ 12,852


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 652,281 482,977▲ 169,304
個人信用▲ 735,088727,717▲ 7,370


20101216_01.jpg

大塚HDは2度買われる

今日は大塚HD(4578)の上場日と同時にFTSE買い日でした。第一生命(8750)の2日目(上場日初日は一本値で終了)とそっくりの値動き。午前までは良かった…。
(出典: Yahoo Japan Corporation.)

大塚HD(4578) 上場日
20101215_01.jpg

第一生命(8750) 上場日2日目
20101215_02.gif

ちなみにこのFTSE、17日にもう一回買いがやってきます。どうもこれは計画的ではなく、FTSEが浮動株の計算を間違ったんじゃないかとの噂。まあ人間のやる事ですからね。

最初のFTSE買い日のリリースは12月7日。そして次のリリースが昨日の12月14日。当初の浮動株割合は全株の20%だったのに、これを75%に上げます。よって今日よりも12月17日の方が買いが大きくなります。

しかし、最近FTSEの発表サイトが見にくくなってしまいました。前はちゃんと日本だけスクリーニングできたのですが、今はいろいろと余計なリリースをかき分けなければならんです。ちと面倒。

あっさり3連発

四季報CD-ROM発売で例のキーワードで検索。ひっかかった銘柄のうち、大型の2銘柄はサプライズもないので無視。日本コロムビア(6791)と、きっと上総介さんが本日同じく買っただろう銘柄(笑)を指値待ち。

日本コロムビアは結構時間がかかったけど全部約定。もう一方は寄付きであっさり約定、そしてまたそこからあっさり上昇、そしてCD-ROM年間購読分はあっさり回収(含み益なので油断は禁物)。あっさり3連発。

こんなにうまくいくなんて、なんか自分でダマサレテいるような(笑)。毎回こんなだと楽なんですけれども。大抵初値で急騰し(今回はそれがなかった)一旦下落する傾向にあるので、ご自身で納得できる指値で待っていたほうが心穏やかになれます。

また、この手の銘柄は経験上、上昇を始めるとそこそこ長く続く傾向にあるので今後にも期待です。あ、もちろんポジショントークです(笑)。

しかし、日本コロムビアは1ティック動くだけで株価が3%近くも変わってしまう恐ろしい銘柄なんですね。1ティックで含み益/含み損が一気に増減してしまいます。1ティック抜き投資家にとってはチャレンジし甲斐のある銘柄??

海外投資家 粘り強い買い越し

日経平均が一時1万円を割ったものの、復活し更に上昇した先週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家が引き続き粘り強く買い越し。他の投資部門はほとんど売り越し。

2010年12月第1週( 11月29日~12月3日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己26,812▲ 78,04148,054▲ 3,176
海外投資家30,86987,658133,339251,866
個人5711,735▲ 137,468▲ 125,675
信託銀行▲ 43,829▲ 7,964▲ 7,960▲ 59,753
投資信託533▲ 8,369▲ 1,545▲ 9,381
事業法人03,9127,65611,568
その他法人等▲ 79▲ 40010,77010,291
生保・損保▲ 13,13614▲ 24,691▲ 37,813
都銀・地銀等▲ 1,145▲ 12,202▲ 13,753▲ 27,101
その他金融機関▲ 179▲ 440▲ 5,294▲ 5,913


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 567,059 438,702▲ 128,357
個人信用▲ 722,490713,379▲ 9,111


20101209_01.jpg

久々にTOPIXと外国人投資家の東証一部時価総額に対する買い越し割合の平均移動グラフを掲載します。このグラフからはまだもう少し外国人の買いが続いてもよさげな感じ。

20101209_02.jpg