S&P500とバークシャー

バークシャー・ハサウェイ (Berkshire Hathaway)といえば、誰もが知っているウォーレン・バフェットが経営している会社です。

この会社は流動性の問題(株式分割をしていなかった)から、S&P500に採用されていなかったのですが、鉄道大手バーリントン(Burlington Northern Santa Fe)を一部株式交換で買収することから、株式分割を行い、流動性に見通しがつきました。

そしてS&P500は、1月26日、バークシャー・ハサウェイを将来採用する見通しと発表し、じわじわ株価が上昇する展開です。

20100221.jpg


バークシャー・ハサウェイの時価総額は相当のものでしょうから、S&P500でもいきなり主要な位置を占めるのではないでしょうか(あくまで想像)。そうすると、インデックスファンドは黙って買うしかありません。日経平均採用時のファーストリテイリングや、大証から東証に移ってきてTOPIXに採用された南海鉄道あたりに似ています。

いつ本格採用なるか分からないのですが、ちょっと参戦してみたい気も(笑)。私はS&P500については素人なので、米国市場のカモネギなのかも(笑)。


…早速米国証券のサイトを見てみたら、2/12(金)の終値基準で採用(採用日は2/15になる)されていたのですね。S&P500にも軽く掲載されていました。あああ、残念!

20100221_02.jpg

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する