先週の主役は信託銀行

日経平均株価が9,200円近辺から9,600円近辺まで順調に株価を戻した先週の投資部門別売買状況ですが、これは外国人投資家が買っているはず…と確認したら意外な事にトータルでは売り越しでした。

じゃあ誰が買い越したのかと見てみると、今まで逆張りの投資家であった信託銀行でした。突然の株価上昇の主役になってしまいました。週の前半、9200円近辺をふらふらしていた時に買い集めたのでしょうかね。

個人投資家も売り越しだった所を考慮すると、もしかしたら、みずほFG(8411)国際石油開発帝石(1605)の公募の影響もあったかもしれません。

2010年7月第1週( 7月5日~7月9日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己40,107117,414▲ 185,641▲ 28,119
外国人▲ 63,920▲ 175,460172,542▲ 66,838
個人▲ 195▲ 9,009▲ 91,718▲ 100,922
信託銀行▲ 5,73518,02590,535102,824
投資信託27,29624,761▲ 8,50443,554
事業法人0▲ 1,4491,050▲ 399
その他法人等079924,13224,931
生保・損保547▲ 5,360▲ 1,513▲ 6,326
都銀・地銀等▲ 2531,2073,96835,150
その他金融機関2,048▲ 3432,1203,825


さすがに今後も信託銀行が買い上がっていくのは想像しにくいので、外国人投資家が復活してくれないと苦しいですね。