2011年11月末の高逆日歩一覧

本日は2011年11月末の逆日歩の発表日でした。相変わらずキャンドゥ(2698)は人気ありますね。最大の逆日歩がついてもまだ優待分が勝っています。手数料を入れるとトントンくらいでしょうか。

面白い所では野村レジ(3240)。公募増資の株式引き渡し前で逆日歩が結構つきました。信用買いしていると「逆日歩+分配金」で値下がり分をカバーして結構いい感じです。ただ逆日歩がいきなり最大になる(60円から5600円にジャンプアップ)とは想像しにくい状況でした。

そしてもうひとつ面白い所では、壱番屋(7630)。5月では最大の逆日歩がついてみんな懲りたのか、今回は低めでした(前回5月は276,800株超過、今回は152,600株超過と半分になりました)。警戒するとそんなもんなんですよねぇ。(因みに私、11月の優待銘柄について旅行中で注文するのをすっかり忘れていました。超涙)。

コード銘柄名市場超過数逆日歩逆日歩率規制
2698キャンドゥ東1 1669 1600 1.84%停止
3240R-野村RE東証 2529 5600 1.73%停止
3244サムティ  JQ 2,524 400 1.40%
3230スター・マイJQ 177 800 1.37%
1349アジア債券東1 2 100 1.04%
9369キューソ流通東1 245100 8 0.96%
3022山下医東1 44800 8 0.86%
1313サムスンKO東1 2340 10 0.64%
1693銅ETF東1 60 10 0.36%
1559タイSE50東1 2386 5 0.31%
2778パレモ   JQ 4,800 0.7 0.26%
7630壱番屋東1 152600 3.7 0.16%注意
9717ジャステック東1 188600 0.55 0.11%
2734サーラコーポ東1 206500 0.4 0.09%
6278ユニオンツル東1 147900 1.05 0.07%

(※規制は 東証銘柄のみ記載)

2011年11月末の高逆日歩一覧

本日は2011年11月末の逆日歩の発表日でした。相変わらずキャンドゥ(2698)は人気ありますね。最大の逆日歩がついてもまだ優待分が勝っています。手数料を入れるとトントンくらいでしょうか。

面白い所では野村レジ(3240)。公募増資の株式引き渡し前で逆日歩が結構つきました。信用買いしていると「逆日歩+分配金」で値下がり分をカバーして結構いい感じです。ただ逆日歩がいきなり最大になる(60円から5600円にジャンプアップ)とは想像しにくい状況でした。

そしてもうひとつ面白い所では、壱番屋(7630)。5月では最大の逆日歩がついてみんな懲りたのか、今回は低めでした(前回5月は276,800株超過、今回は152,600株超過と半分になりました)。警戒するとそんなもんなんですよねぇ。(因みに私、11月の優待銘柄について旅行中で注文するのをすっかり忘れていました。超涙)。

コード銘柄名市場超過数逆日歩逆日歩率規制
2698キャンドゥ東1 1669 1600 1.84%停止
3240R-野村RE東証 2529 5600 1.73%停止
3244サムティ  JQ 2,524 400 1.40%
3230スター・マイJQ 177 800 1.37%
1349アジア債券東1 2 100 1.04%
9369キューソ流通東1 245100 8 0.96%
3022山下医東1 44800 8 0.86%
1313サムスンKO東1 2340 10 0.64%
1693銅ETF東1 60 10 0.36%
1559タイSE50東1 2386 5 0.31%
2778パレモ   JQ 4,800 0.7 0.26%
7630壱番屋東1 152600 3.7 0.16%注意
9717ジャステック東1 188600 0.55 0.11%
2734サーラコーポ東1 206500 0.4 0.09%
6278ユニオンツル東1 147900 1.05 0.07%

(※規制は 東証銘柄のみ記載)

がんばる信託銀行

11月第3週の投資部門別売買状況ですが、株価が下がった割には海外投資家は売っておらず、一番大きかったのが自己部門でした。

買い側は信託銀行ががんばりました。年金のリバランスと思われる分と日銀分(164億)を合わせた買いで突出しています。個人投資家の買いが薄いのは、まだまだ下がると見ているのかな??

2011年11月第3週( 11月14日~11月18日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己46,153▲ 26,793▲ 138,877▲ 119,517
海外投資家▲ 8,4625,068▲ 47,618▲ 51,012
個人▲ 318▲ 3,61242,02438,094
信託銀行▲ 34,67716,815136,357118,495
投資信託▲ 11,16520,527▲ 6,5222,840
事業法人0▲ 7,87113,7945,924
その他法人等2482,6304,8517,730
生保・損保▲ 2,072▲ 2,543▲ 10,817▲ 15,432
都銀・地銀等10,5302721,05611,858
その他金融機関▲ 145▲ 1523,7823,485


売り買い合計
個人現物▲ 328,895  332,124 3,228
個人信用▲ 477,711 516,507  38,795


20111127_01.jpg

負けない投資家の思考法

日経マネー2012年1月号から、JACKさん、ヘッタ・チャンさんと共に、「負けない投資家の思考法」として毎月の連載が始まりました(パチパチ)。

トップバッタは私で、大御所登場の前にまずは露払いをさせて頂きました。お題は「株主優待」の有効利用。ここでご紹介したコロワイド(7616)が発売後、じわり株価上昇したのはそのせい?(そんなわけないか)。 今だからこそできる投資をお楽しみくださいませ!

この連載を開始するにあたり、JACKさん、ヘッタ・チャンさんとの「自分年金方程式」について座談会があり、これについても掲載されています。私、偉そうにしゃべってますね(笑)。JACKさん、ヘッタ・チャンさんの考え方について、是非ご参考あれ。

各人の日程の関係上、締切ぎりぎりで座談会の開催・編集して頂いた、Hさん、本当にありがとうございます! また勇気ある(笑)、企画立案して頂いた鎌倉ラバーの編集長Yさんにも感謝致します!

さらにもうひとつ、毎年恒例ですが、日経マネーの別冊でついてくる2012年勝ち組カレンダーの最終ページ、アノマリーの作成に協力しています。たかがアノマリー、されどアノマリー。年間推移の傾向は押さえておいて損はないですよ!。

どこまで下がるオリンパス(3)

今後オリンパスの株価はどうなるのか、東京電力とオリンパスの全株一致日からの推移について比較してみました。全株一致後に双方ストップ高を連発して上昇するところは一緒で、オリンパスはもう少し伸びました。そこから下落へ。

またオリンパスを買いたいとは思いますが、もう少し落ち着くまで待った方がいいですかねぇ。オリンパスの内視鏡を目当てに買ってくるファンドがたくさんあるかもと考え上昇を期待していたのですが、まだ踏み切る所までいってなそうですね。

20111120_02.jpg

激うまタルトケーキ

タルトケーキは、通常のケーキやロールケーキに比べて、生地のおいしさが今一歩で、私にはあまり魅力なく、選択の対象外だったのですが、その認識を一変させるものに出逢いました。キルフェボンのタルトケーキです。周囲の口コミで噂になっていたので、横浜の店舗で購入しました。

食べてびっくり、タルトってこんなに生地を美味しく作れるんだ…。その上のフルーツも一級のものを選んでるようで、すべてがうまい(いちごが多少すっぱいですが)。こんなタルトであればいくらでも食べれそうです。

ただお値段もその分高く、一切れ700円前後です。私の普段の昼飯の2倍(笑)。写真の4切れだけで3,000円近くします。おススメは定番の季節のフルーツタルト(中央の2切れ)。相場で勝った時の自分へのお祝いにいかがですか?

20111120_01.jpg

前週と変わらず

先週の投資部門別売買状況ですが、その前週とほぼ傾向は変わらず。海外投資家が売って、個人投資家または信託銀行が拾う構図。なかなか乗れないですねぇ。

2011年11月第2週( 11月7日~11月11日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己17,57931,707▲ 63,562▲ 14,276
海外投資家▲ 14,932▲ 69,809▲ 25,208▲ 109,949
個人▲ 79227,48744,12170,817
信託銀行▲ 4,6466,22156,71458,289
投資信託1,9624,224▲ 7,965▲ 1,779
事業法人09,29528,21537,510
その他法人等852,0522,5984,735
生保・損保2,876▲ 16,595▲ 28,383▲ 42,102
都銀・地銀等▲ 2,195▲ 1,104▲ 2,149▲ 5,448
その他金融機関218▲ 260▲ 1,223▲ 1,265


 売り買い合計
個人現物▲ 397,700 408,226 10,526
個人信用▲ 592,339  625,935  33,596


20111117_01.jpg

MSCIの発表

 本日朝、MSCIの定期入れ替えの発表がありました。追加がサンリオ(8136)、削除がミネベア(6479)と三井造船(7003)です。MSCIのサイトはちょくちょく構成が変わるので、発表資料を探すのに戸惑いますね。

採用ウエイトや他の調整については一般公開されないので、証券会社のレポートが頼りです。一番手堅く入りやすいのが大和証券のネット図書館。リアルタイムで見るためのポイントは売買手数料で稼がなくても、株主優待で獲得できます。

除外の噂になっていたエルピーダ(6665)は実際には除外されませんでした。その影響もあったためか株価は上昇しました。なんか日経平均株価の入れ替え並みに先回りの影響が出ていますね。

持つ恐怖と持たざる恐怖

オリンパスの乱高下は凄まじいものがありますね。オリンパスは日経225採用銘柄ですし、それなりに時価総額もあるので、もしファンドがオリンパスを安値で売ってしまい今手元にない場合は、インデックスと乖離が生じ、ファンドの成績が見劣りしてしまいます。このままガンガン値上がりしたらその乖離は開く一方です。

ファンドとしてコンプライアンス的に難がある銘柄は売るルールになっていると強弁しても、買う時にみんな見るのは対インデックス比。 かといって、いつまでも売らずにJALみたいなことになってしまったら「なんで早く売らなかったんだ」と出資者から文句がきていたでしょう。

持つ恐怖と持たざる恐怖。連続ストップ高で株式を満足に買えない今の状況では、手放してしまったファンドはちょっと焦るかも。

どこまで下がるオリンパス(2)

私は単に投資家目線でしか見ていませんが、オリンパスに勤めている方は気が気でないでしょうね。某市場筋の方から教えて頂いた「オリンパスの再生に向けて、社員が立ち上がるサイト」を見ていると、その必死さにちょっと涙がでそうです。

オリンパスについて比較グラフを更新しました。ほぼ東京電力並みの下げです。あとどれくらい、ファンドの売りが残っているのか?

11/9日に一旦ストップ安で寄り付いた後、翌日またストップ安が入りました。これは株をヘッジファンドなどに貸した機関投資家が、貸した株を戻すようにと依頼した分(リコール)によって、一旦ヘッジファンドが株を買い戻す必要があり、その分で11/9日に一旦寄付き。その後に株を戻してもらった機関投資家が再度売ることで翌日ストップ安となったような感じですかねぇ。

20111113_02.jpg