嵐の前の投資部門別売買状況

BIG SQがあった先週の投資部門別売買状況です。BIG SQは値が歪むことが多いのであまり参考にできないのですが、個人投資家が大きく買い越し。そしてその翌週は…。

しかし何かと市場には鍛えられますね。投資家は「市場急落の滝」に毎度打たれまくっているので、本当の滝までわざわざ行かなくても十分精神鍛錬されますね。ありがたや(と強がる)。

2011年3月第2週( 3月7日~3月11日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己30,91818,020▲ 268,585▲ 219,647
海外投資家▲ 22,987▲ 272,98768,287▲ 227,686
個人1,127136,970340,416478,513
信託銀行▲ 25,92732,377▲ 118,730▲ 112,281
投資信託▲ 2,7518,189▲ 42,032▲ 36,594
事業法人▲ 2834,8456,48241,299
その他法人等1796,4537,17213,804
生保・損保14,3391,039▲ 26,545▲ 11,168
都銀・地銀等3,909▲ 6578,05911,311
その他金融機関3044615,1385,903


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 517,873 680,088 162,215
個人信用▲ 724,280 902,481 178,201


20110319_03.jpg

Comments

  1. 外人はトータルの売買代金ベースでは買い越しですよね?
    信託銀行って、そんなに気にしてなかったのですが、売買って上手いんですか?リスク回避が強く出た週ですね。

  2. こんにちは mei さん。
    いつもコメントありがとうございます。
    海外投資家は先物まで入れると、圧倒的に売り越しです。株式はちょっとだけ買い越し。
    信託銀行はただ機関投資家(かんぽや郵貯)から命ぜられるままに売買しているだけだと思います。
    基本的にリバランス中心なので、底値圏では買い、高値圏では売りになります。
    底値圏でも売りが続くようだと、なにやら怪しい動き… と考えられるのです。

  3. ありがとうございます。
    勉強になりますw

嵐の前の投資部門別売買状況

BIG SQがあった先週の投資部門別売買状況です。BIG SQは値が歪むことが多いのであまり参考にできないのですが、個人投資家が大きく買い越し。そしてその翌週は…。

しかし何かと市場には鍛えられますね。投資家は「市場急落の滝」に毎度打たれまくっているので、本当の滝までわざわざ行かなくても十分精神鍛錬されますね。ありがたや(と強がる)。

2011年3月第2週( 3月7日~3月11日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己30,91818,020▲ 268,585▲ 219,647
海外投資家▲ 22,987▲ 272,98768,287▲ 227,686
個人1,127136,970340,416478,513
信託銀行▲ 25,92732,377▲ 118,730▲ 112,281
投資信託▲ 2,7518,189▲ 42,032▲ 36,594
事業法人▲ 2834,8456,48241,299
その他法人等1796,4537,17213,804
生保・損保14,3391,039▲ 26,545▲ 11,168
都銀・地銀等3,909▲ 6578,05911,311
その他金融機関3044615,1385,903


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 517,873 680,088 162,215
個人信用▲ 724,280 902,481 178,201


20110319_03.jpg