海外投資家ひとり買い

先週の投資部門別売買状況ですが、海外投資家ひとり買い。その他全部売り越し。その前の週、TOPIX先物を中心に大幅に買い越した信託銀行ですが、今回は現物を中心に大幅に売り越し。年度切り替え時期の特殊要因なんですかね。

海外投資家は今の日本はチャンスだと見ているんでしょうかね。それとも単なる国際的なリバランスの流入なのか? それとも東電をめぐる特殊パターンなのか? いずれにせよ、買い越し額を単純に解釈すれば、海外投資家が日本の株価を支えているように見えます。

2011年4月第1週( 4月4日~4月8日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 1,42461,546▲ 89,476▲ 29,354
海外投資家31,51631,754363,432426,702
個人▲ 596▲ 24,762▲ 62,030▲ 87,388
信託銀行▲ 19,185▲ 32,003▲ 157,350▲ 208,537
投資信託▲ 2,896▲ 5,504▲ 16,131▲ 24,530
事業法人0▲ 5,3102,303▲ 3,007
その他法人等9▲ 4,989▲ 225▲ 5,205
生保・損保▲ 249▲ 11,588▲ 25,427▲ 37,264
都銀・地銀等▲ 7,450▲ 6,060▲ 5,552▲ 19,062
その他金融機関▲ 42▲ 1,976▲ 9,975▲ 11,993


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 594,291536,002▲ 58,290
個人信用▲ 779,681775,940▲ 3,741


20110414_02.jpg