海外投資家ひとり買い

先週の投資部門別売買状況ですが、海外投資家ひとり買い。その他全部売り越し。その前の週、TOPIX先物を中心に大幅に買い越した信託銀行ですが、今回は現物を中心に大幅に売り越し。年度切り替え時期の特殊要因なんですかね。

海外投資家は今の日本はチャンスだと見ているんでしょうかね。それとも単なる国際的なリバランスの流入なのか? それとも東電をめぐる特殊パターンなのか? いずれにせよ、買い越し額を単純に解釈すれば、海外投資家が日本の株価を支えているように見えます。

2011年4月第1週( 4月4日~4月8日 )

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 1,42461,546▲ 89,476▲ 29,354
海外投資家31,51631,754363,432426,702
個人▲ 596▲ 24,762▲ 62,030▲ 87,388
信託銀行▲ 19,185▲ 32,003▲ 157,350▲ 208,537
投資信託▲ 2,896▲ 5,504▲ 16,131▲ 24,530
事業法人0▲ 5,3102,303▲ 3,007
その他法人等9▲ 4,989▲ 225▲ 5,205
生保・損保▲ 249▲ 11,588▲ 25,427▲ 37,264
都銀・地銀等▲ 7,450▲ 6,060▲ 5,552▲ 19,062
その他金融機関▲ 42▲ 1,976▲ 9,975▲ 11,993


個人(現物/信用別)売り買い合計
個人現物▲ 594,291536,002▲ 58,290
個人信用▲ 779,681775,940▲ 3,741


20110414_02.jpg

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 外人、よっぽど日本が好きなんですね。
    今週は水曜日~金曜日にかけて、先物で9600を割り込むと、必ず大口買いで戻しましたね。これも外人なのでしょうか?600割でアルゴ発動かな・・・
    東電は意味の分からない電力巻き込共済。これ他の電力の株主怒るでしょ。国有化否定で、金曜日に既に割りましたが500~で推移しそうじゃないですか?賠償金も分割で進むプランがあるみたいですし