株主優待は取るべきか、取らぬべきか

最近いろいろな方から「夕凪さんって株主優待取らない派だった気がしますが、取るようになったのですか?」と問い合わせを受けます。

 実際の所は昔から結構取っていたりします。

もし金額的な利益を追求するのであれば、株主優待は取らずに売った方がいいです(明らかに「優待タダ取り」しても損しないような銘柄は除く)。

今までのセミナーや雑誌取材では投資家として「金額的な利益」を追求する方を主目的としていましたので、株主優待を取らない話をメインにしていました。

ただ、喜びを分かち合える家族や親しい親戚などがいらっしゃるのであれば、その方へのプレゼントとして、株主優待を取りに行くのもありです。株主優待にはその金額以上のメリットが存在します。

私の場合は株主優待を取ることによって伴侶とのコミュニケーション量が多くなりました。有効期限が1月末までのディズニーチケットあと4枚あるから、いつ行こうか…といった話から、今晩の食事は北海道(コロワイド系居酒屋)でカニとアワビを思いっきり食べよう…とか、今度の旅行は共立メンテナンスのどのホテルに泊まろうか…
などなど。

また、いつもお世話になっている親戚に、東京ドームラクーアの入場券や居酒屋の優待券などをあげたら、松坂牛の肉として戻ってきました(笑)。このやり取りによって親密さも増した気がします。

利益を追求すれば「取らない」。豊かさを追求すれば「取っても構わない」。投資目的によって私の回答は変わります。

Comments

  1. よむよむ says:

    先日はご教授ありがとうございます。昨日ルネサス寄りで空売りしてホクホクです。本当に最高のDVDです。ありがとうございました。

  2. 明日は、大きな鮫が出てきてほしいのですが。

  3. こんにちは よむよむ さん。
    感想どうもありがとうございます!
    お役に立てたようで、何よりです。私も嬉しいです!

  4. こんにちはalistare さん。
    5/30にTOPIXサメ、5/31にMSCIサメが登場します。
    しかし、美ら海水族館でのジンベイザメ並みにでかいのは日経平均サメですが、まだ先です。
    ジンベイザメが立ってエサを食べるような感じで、売り板をバリバリ美味しそうに食べるのです(笑)。