それ金融庁に聞いてみよー!

 「それ○○に聞いてみよー」シリーズも、とうとう金融庁にチャレンジ(笑)。

ヒャライムさんから「公募増資に関連する空売り規制の施行等について」に関して、公募価格決定前に両建てしておき、価格決定後に買いを外して、受け渡し日以降に売りと公募株を決済するような行為はOKなのか? との旨のご質問がありましたので、金融庁に問い合わせしてみました。

金融庁への質問内容は「金商法施行令第26条の6第1で定める"借り入れの決済"について、公表されてから価格決定までの間に両建て(売りと買いを同数持つ)し、価格決定後までそのまま保持したものは、該当しないと解釈していいか?」です。

回答は「個別案件についてお答えできない」「弁護士さんにお問い合わせ下さい」とのことでした。残念。

この時に補助的にお話があったのは「条文の目的に合致しているかどうかを総合的に判断する」「相場操縦に抵触する場合もありえることを留意する必要がある」といったことでした。

価格決定前に売り叩きをするわけではないので、大丈夫なんじゃないかと私は勝手に思っていますが、明確な回答はもらえませんでした。

実際私の質問を受けたのは窓口担当者のお姉さまで、バックヤードにいる方に問い合わせて回答するというものでした。長い時間、質問に一所懸命対応して頂きどうもありがとうございます。ここに感謝申し上げます。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する