課長のためのお金塾

日経ビジネスと日経マネーの合作「課長のためのお金塾」(ムック本)が発売されました。資産運用に関するお話が、たっぷり記載されています。以前、日経マネー誌でマネー・ヘッタチャンさん、JACKさんと共に対談した内容も再掲されています。

日経新聞電子版や、日経ビジネスオンラインのコンテンツでも、その一部内容が公開されています。担当者の方のお話では閲覧ランキング1位を獲得しているそうです。

私は海外移住の話と、クレジットカードの選び方・使い方の話がとても参考になりました。

資産運用に関する全般的な知識を得たいという方におススメです(儲かるノウハウ本ではありません)。まずは書店で立ち読みチェックしてみて下さい。

Comments

  1. 外人買いの勢いが戻ってますね。
    個人は2週買い越し。信託は下げたら買いが入るでしょうから、いいと思うのですが、下げないでここまで来ると信託も「持っていたならば・・・」って個人みたいに考えてるんですかね?
    強すぎて優待がほしい銘柄も手が出ません・・・
    優待よりキャピタルの年になってる気がします

  2. こんにちはmeiさん。
    信託は頼まれたことを着々とこなしているだけでしょうね。
    事前に決まった比率に収まるように売っているだけので
    何も考えてないと思います。
    10年に1-2年だけ、業績よりも将来性が優位な年がやってきます。
    それが今なんでしょうね。