やるね、野村証券さん

ANA(9202)の増資に関して、ロイターからこんなニュースが出ました「アングル:ANA公募価格は予想以上の割引率」。

「そうなんだろうな」と感じることが多くあります。買い手がすっかり変わってしまった感じです。この件については今は置いておきます。

今回の注目点は「国内投資家の旺盛な需要」と、良い印象で記事を終えている所です。

この記事は「偶然だった」のか、それとも野村証券が「仕掛けた」のかは、正直分かりません。でも野村証券が主幹事となる増資案件で、かつ配分が難しい銘柄については、なぜか印象のいいニュースが出るのです。マツダの公募の時も似たような記事が出ました。

これを読んで私は純粋に「やるね、野村証券さん」と思ってしまいました。これで株価が上向くかは分からないけれど、打てる手は打つ。

川崎汽船の主幹事であったみずほ証券さんに、是非こういった所を見習ってほしいなぁ…と勝手に思うのでした。

記事には「国内の需要は3─4倍あった」とありますが、この部分はかなり怪しいと思う。公募価格が決まった後で、証券会社から「買いませんか」とお誘いの電話を受けました。最初から3-4倍あったら、こないでしょ、普通。

4%以上の割引きにしたら、売れ残りに対して「国内の需要は3─4倍あった」なんでしょうかね。「ものは言いよう」に該当する気が。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する