リブセンス東証1部へ

本日、東証からこんなニュースがありました。「マザーズからの上場市場の変更(市場区分未定) -(株)リブセンス-」。

この発表の仕方は、私の経験上、ほぼ東証1部確定パターンです。「売出の価格決定時に、時価総額が東証1部の基準を満たしているか最終確認するので、未定にしておくね!」という形式的な話。リブセンスは余裕で東証1部基準をクリアしています。

でもリブセンスって、マザーズ上場から1年経っていません。東証2部から東証1部に指定されるためには1年以上上場が必要なのに、マザーズはそれがない??

そこでルールブックを調べてみたら、確かにマザーズから東証1部へは、1年以上上場の必要がありませんでした。ただし「今年の3月9日より前に申請していれば」です。

そう、つい最近ルールが変わったのです。マザーズ上場後は、1年経過していないと東証1部へ市場変更することはできないように変更されました。

リブセンスはその適用前に申請したので、ぎりぎりセーフだったのでしょうね。

最年少の東証1部社長記録更新の次は、最年少の日経225採用銘柄社長も目指して欲しいです。最低でも、あと4年くらいは必要でしょうけれど。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する