リブセンス東証1部へ

本日、東証からこんなニュースがありました。「マザーズからの上場市場の変更(市場区分未定) -(株)リブセンス-」。

この発表の仕方は、私の経験上、ほぼ東証1部確定パターンです。「売出の価格決定時に、時価総額が東証1部の基準を満たしているか最終確認するので、未定にしておくね!」という形式的な話。リブセンスは余裕で東証1部基準をクリアしています。

でもリブセンスって、マザーズ上場から1年経っていません。東証2部から東証1部に指定されるためには1年以上上場が必要なのに、マザーズはそれがない??

そこでルールブックを調べてみたら、確かにマザーズから東証1部へは、1年以上上場の必要がありませんでした。ただし「今年の3月9日より前に申請していれば」です。

そう、つい最近ルールが変わったのです。マザーズ上場後は、1年経過していないと東証1部へ市場変更することはできないように変更されました。

リブセンスはその適用前に申請したので、ぎりぎりセーフだったのでしょうね。

最年少の東証1部社長記録更新の次は、最年少の日経225採用銘柄社長も目指して欲しいです。最低でも、あと4年くらいは必要でしょうけれど。