バンガード MSCI から FTSE へ引っ越し

MSCIはコストが高すぎるとのことで、バンガードのファンドのベンチマークをMSCIからFTSEへ移動するようです。

バンガードのプレスリリースでは
・6つの国際インデックスをFTSEに移行する(1700億ドル≒13.6兆円)。
・数か月にわたって移行が行われる
とのこと(ロイターの報道では、来年1月かららしい)。

具体的にどのファンドが移行するのかはバンガードのサイトにありました。

 この中で日本株に影響ありそうなのが、
・Pacific Stock Index (39億ドル≒3120億円)
・Total International Stock Index (716億ドル≒5.7兆円)
・Developed Markets Index (113億ドル≒9040億円)
・Tax-Managed International (106億ドル≒ 8480億円)

さらにどれくらい買っているのか…ですけれど、日本株で一番組み入れ割合の高いトヨタの株数を全部足すと、合計20,730,094株でした。約622億円分。出来高約3日分です。

この規模を手がかりにして、現ファンドにはなく、移行するFTSEにある銘柄で、流動性がなさそうなものを探すと面白いかもしれません。

ただ、長期間での移行ですし、そんな都合のいい銘柄は見つからず、単なる骨折り損かも知れませんけれど…。

まあ、今後のFTSE新規採用の場合は、今までよりもインパクトが多めに出るでしょうから、それに期待!?。

バンガードの他にも「わたしも費用が高いので移動する」というファンドがたくさん出てくると、MSCIよりも盛り上がるインデックス買い日になるかも。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する