ハンパない海外投資家の買い

選挙結果が判明した週の投資部門別売買状況です。海外投資家の現物買い額かハンパないです。震災時の時を除けば、2010年1月1週あたり以来でしょうか。この時は確かリーマンショックからの立ち直り期だった気がします。

一方で売っていたのが個人投資家と信託銀行。個人の売りのほとんどが現物だったことから、やれやれ売りが多かったのではないでしょうか。

個人投資家の売買額がすごいです。普段の倍くらい。個人投資家も活発に売買していたことが分かります。

 TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
自己▲ 84,826▲ 72,265▲ 21,106▲ 178,196
海外投資家68,362▲ 3,160701,923767,124
個人▲ 1,24023,404▲ 206,772▲ 184,609
信託銀行13,564▲ 11,048▲ 324,552▲ 322,037
投資信託17,654▲ 44,023▲ 16,831▲ 43,199
事業法人▲ 4318,130▲ 64,680▲ 46,593
その他法人等▲ 21050616,30816,604
生保・損保▲ 10,5603,528▲ 51,690▲ 58,722
都銀・地銀等▲ 74360,243▲ 6,47853,022
その他金融機関▲ 1,881616▲ 8,152▲ 9,417


 売り買い合計
個人現物▲ 1,192,022 934,596▲ 257,425
個人信用▲ 1,204,690  1,255,343 50,653


20121228_01.jpg