ちょっと厳しめTOPIXリバランス

 MSCIのリバランスの前日、5月29日はTOPIXのリバランスでした。

ジョイフル本田が大当たりでしたけれど、それ以外はちょっと厳しめ。西武は大引けで一気に下落。まあ、西武は上場からほぼ一貫して上昇し続けたので、その分も考慮すれば、ビビるような下げではありません(と強がる)。

一番キビシーと感じたのが日本リート投資法人。途中まで順調でしたが大引けにかけてものすごい下落。

わたしは当日、西武に意識を集中していたので、日本リート投資法人全く触りませんでした。触らなくて正解だったかな? 触ったとして、途中上昇していた部分だけをうまく取れてたかと言えば、きっと修業が足りていない。

5月はこのTOPIXリバランスと、翌日のMSCIリバランスに参加したので、ものすごくくたびれました。銘柄数が多く、大型株もあったものですから。一方で6月はイベントがあまりなさそうなので、久々にゆっくり投資できる…かな?

コード銘柄加算億前日比当日比VWAP比
1420サンヨーホームズ 10 0.30% 0.75% 0.37%
6065サクセスHD 17▲ 4.06%▲ 2.68%▲ 1.83%
4828東洋ビジネスエンジ 23▲ 0.34%▲ 0.34% 0.07%
6073アサンテ 40▲ 4.43%▲ 4.05%▲ 1.87%
6879イマジカ・R HD 45▲ 0.19% 2.30%▲ 0.40%
2222寿スピリッツ 91▲ 0.90%▲ 0.77%▲ 0.29%
1873東日本ハウス 108▲ 1.34%▲ 0.19%▲ 0.16%
3191ジョイフル本田 436 7.39% 7.60% 2.37%
3668コロプラ 657▲ 0.50%▲ 1.99%▲ 0.85%
9024西武ホールディングス 2683▲ 0.53%▲ 0.86%▲ 1.13%
3296日本リート投資法人 392▲ 0.85%▲ 0.89%▲ 2.05%


ジョイフル本田
20140531_01.jpg

西武
20140531_02.jpg

日本リート投資法人
20140531_03.jpg

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

ちょっと厳しめTOPIXリバランス

 MSCIのリバランスの前日、5月29日はTOPIXのリバランスでした。

ジョイフル本田が大当たりでしたけれど、それ以外はちょっと厳しめ。西武は大引けで一気に下落。まあ、西武は上場からほぼ一貫して上昇し続けたので、その分も考慮すれば、ビビるような下げではありません(と強がる)。

一番キビシーと感じたのが日本リート投資法人。途中まで順調でしたが大引けにかけてものすごい下落。

わたしは当日、西武に意識を集中していたので、日本リート投資法人全く触りませんでした。触らなくて正解だったかな? 触ったとして、途中上昇していた部分だけをうまく取れてたかと言えば、きっと修業が足りていない。

5月はこのTOPIXリバランスと、翌日のMSCIリバランスに参加したので、ものすごくくたびれました。銘柄数が多く、大型株もあったものですから。一方で6月はイベントがあまりなさそうなので、久々にゆっくり投資できる…かな?

コード銘柄加算億前日比当日比VWAP比
1420サンヨーホームズ 10 0.30% 0.75% 0.37%
6065サクセスHD 17▲ 4.06%▲ 2.68%▲ 1.83%
4828東洋ビジネスエンジ 23▲ 0.34%▲ 0.34% 0.07%
6073アサンテ 40▲ 4.43%▲ 4.05%▲ 1.87%
6879イマジカ・R HD 45▲ 0.19% 2.30%▲ 0.40%
2222寿スピリッツ 91▲ 0.90%▲ 0.77%▲ 0.29%
1873東日本ハウス 108▲ 1.34%▲ 0.19%▲ 0.16%
3191ジョイフル本田 436 7.39% 7.60% 2.37%
3668コロプラ 657▲ 0.50%▲ 1.99%▲ 0.85%
9024西武ホールディングス 2683▲ 0.53%▲ 0.86%▲ 1.13%
3296日本リート投資法人 392▲ 0.85%▲ 0.89%▲ 2.05%


ジョイフル本田
20140531_01.jpg

西武
20140531_02.jpg

日本リート投資法人
20140531_03.jpg

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

結果は順当、途中は大荒れ

本日はMSCIのリバランス日でした。終値ベースでみればほぼ順当な終わり方。しかしながら途中は大荒れ。場を見ない方が多分ダマされずに済みました。

1日チャートを整理して気が付いたのですけれど、除外銘柄のいくつかについて同時刻の14時27分13秒に大量の売り注文がありました。これは誤発注なの?

コード銘柄理由前日比VWAP比
6740ジャパンディスプレイ採用 3.32% 0.48%
9435光通信採用 2.01% 0.46%
9048名古屋鉄道採用 1.70% 1.19%
9433KDDI 2.09% 0.83%
4755楽天 0.69%▲ 0.44%
1662石油資源開発除外▲ 0.71%▲ 0.63%
2768双日除外▲ 1.22%▲ 0.04%
1944きんでん除外▲ 2.89%▲ 0.71%
4004昭和電工除外▲ 1.52%▲ 0.36%
3116トヨタ紡織除外▲ 3.33%▲ 0.58%
3436SUMCO除外▲ 0.38%▲ 0.06%
2579コカ・コーラウエスト除外▲ 1.22%▲ 0.33%
4208宇部興産除外▲ 1.18%▲ 0.29%
8327西日本シティ銀行除外▲ 0.46%▲ 0.94%
4540ツムラ除外▲ 1.89%▲ 0.41%
9509北海道電力除外 1.36%▲ 0.84%


名古屋鉄道(9048) 採用
20140530_01.jpg
きんでん(1944) 除外
20140530_02.jpg


コカ・コーラウエスト(2579) 除外
20140530_03.jpg

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

結果は順当、途中は大荒れ

本日はMSCIのリバランス日でした。終値ベースでみればほぼ順当な終わり方。しかしながら途中は大荒れ。場を見ない方が多分ダマされずに済みました。

1日チャートを整理して気が付いたのですけれど、除外銘柄のいくつかについて同時刻の14時27分13秒に大量の売り注文がありました。これは誤発注なの?

コード銘柄理由前日比VWAP比
6740ジャパンディスプレイ採用 3.32% 0.48%
9435光通信採用 2.01% 0.46%
9048名古屋鉄道採用 1.70% 1.19%
9433KDDI 2.09% 0.83%
4755楽天 0.69%▲ 0.44%
1662石油資源開発除外▲ 0.71%▲ 0.63%
2768双日除外▲ 1.22%▲ 0.04%
1944きんでん除外▲ 2.89%▲ 0.71%
4004昭和電工除外▲ 1.52%▲ 0.36%
3116トヨタ紡織除外▲ 3.33%▲ 0.58%
3436SUMCO除外▲ 0.38%▲ 0.06%
2579コカ・コーラウエスト除外▲ 1.22%▲ 0.33%
4208宇部興産除外▲ 1.18%▲ 0.29%
8327西日本シティ銀行除外▲ 0.46%▲ 0.94%
4540ツムラ除外▲ 1.89%▲ 0.41%
9509北海道電力除外 1.36%▲ 0.84%


名古屋鉄道(9048) 採用
20140530_01.jpg
きんでん(1944) 除外
20140530_02.jpg


コカ・コーラウエスト(2579) 除外
20140530_03.jpg

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

信託銀行がんばる

先週の投資部門別売買状況です。日経平均株価14,000円割れのところをすぐに跳ね返した週でした。

一番現物株を買ったのは、なんと信託銀行です。信託銀行は逆張り派(リバランスのため)なので下落すれば買う主体です。株価上昇した週にも関わらず多めに買ってきました。14,000円をなんとかキープしたかったのですかね。驚きです。

もうひとつ今週特徴があったのが海外投資家の先物買い。中身を見ると225mini先物の方が大きめに買い越し。どんな意図があるんですかねぇ?

2014年5月第4週 ( 5/19 – 5/23 ) 単位億

 TOPIX先物225先物株式(2市場)全合計
自己▲ 413▲ 76▲ 75▲ 564
海外投資家3881,915▲ 792,223
個人23▲ 526▲ 2,157▲ 2,659
信託銀行▲ 81▲ 5941,7821,106
投資信託▲ 27▲ 25671▲ 212
事業法人▲ 0▲ 19473454
その他法人等0▲ 408343
生保・損保980▲ 4355
都銀・地銀等▲ 1▲ 260▲ 45▲ 305
その他金融機関0▲ 5▲ 47▲ 52


 売り買い合計
個人現物▲ 7,6606,308▲ 1,353
個人信用▲ 15,92915,125▲ 804


20140529_01.jpg

信託銀行がんばる

先週の投資部門別売買状況です。日経平均株価14,000円割れのところをすぐに跳ね返した週でした。

一番現物株を買ったのは、なんと信託銀行です。信託銀行は逆張り派(リバランスのため)なので下落すれば買う主体です。株価上昇した週にも関わらず多めに買ってきました。14,000円をなんとかキープしたかったのですかね。驚きです。

もうひとつ今週特徴があったのが海外投資家の先物買い。中身を見ると225mini先物の方が大きめに買い越し。どんな意図があるんですかねぇ?

2014年5月第4週 ( 5/19 – 5/23 ) 単位億

 TOPIX先物225先物株式(2市場)全合計
自己▲ 413▲ 76▲ 75▲ 564
海外投資家3881,915▲ 792,223
個人23▲ 526▲ 2,157▲ 2,659
信託銀行▲ 81▲ 5941,7821,106
投資信託▲ 27▲ 25671▲ 212
事業法人▲ 0▲ 19473454
その他法人等0▲ 408343
生保・損保980▲ 4355
都銀・地銀等▲ 1▲ 260▲ 45▲ 305
その他金融機関0▲ 5▲ 47▲ 52


 売り買い合計
個人現物▲ 7,6606,308▲ 1,353
個人信用▲ 15,92915,125▲ 804


20140529_01.jpg

海外投資家は先物売りまくり

 先週の投資部門別売買状況です。株価的には「いってこい」になった週でした。

海外投資の先物売りが目立っています。信託銀行の買い(日銀分238億)と、事業法人の買い(キヤノンの自社株買いがメインと思われ)。で少しずつ支えてる感じ。

 ここ最近の上昇を見る限り、海外投資家の先物売りは止まったのかな??

2014年5月第3週 ( 5/12 – 5/16 ) 単位億

 TOPIX先物225先物株式(2市場)全合計
自己1,343▲ 2▲ 1,187153
海外投資家▲ 1,356▲ 1,310907▲ 1,759
個人12712▲ 497227
信託銀行12295568875
投資信託7138▲ 4799
事業法人025512537
その他法人等▲ 1166783
生保・損保▲ 70▲ 63▲ 70
都銀・地銀等▲ 2142▲ 115▲ 93
その他金融機関02▲ 11▲ 8


 売り買い合計
個人現物▲ 7,2656,574▲ 691
個人信用▲ 13,76913,963194


20140522_01.jpg

海外投資家は先物売りまくり

 先週の投資部門別売買状況です。株価的には「いってこい」になった週でした。

海外投資の先物売りが目立っています。信託銀行の買い(日銀分238億)と、事業法人の買い(キヤノンの自社株買いがメインと思われ)。で少しずつ支えてる感じ。

 ここ最近の上昇を見る限り、海外投資家の先物売りは止まったのかな??

2014年5月第3週 ( 5/12 – 5/16 ) 単位億

 TOPIX先物225先物株式(2市場)全合計
自己1,343▲ 2▲ 1,187153
海外投資家▲ 1,356▲ 1,310907▲ 1,759
個人12712▲ 497227
信託銀行12295568875
投資信託7138▲ 4799
事業法人025512537
その他法人等▲ 1166783
生保・損保▲ 70▲ 63▲ 70
都銀・地銀等▲ 2142▲ 115▲ 93
その他金融機関02▲ 11▲ 8


 売り買い合計
個人現物▲ 7,2656,574▲ 691
個人信用▲ 13,76913,963194


20140522_01.jpg

やるじゃないJPX400

東証と日経がタッグを組んで新しく作ったJPX400指数。TOPIXや日経平均株価といった歴史のある指数に割り込むのは相当大変だろうと私は遠い目で見ていました。

確かによく使われる指数としてはまだまだです。しかしながら、企業側の立場として、この400銘柄に選択されていない、もしくは除外候補になるというのは、投資家軽視の経営を行っているとみなされる恐れがあります。

その結果、三井物産が初の自社株買いを発表したり、アマダが「今後の儲けはすべて投資家へ還元」と発表したりと、投資家へのメリットが生まれてきました。

指数としてよりも、指数に採用されるために企業努力を促すための存在として光り輝き始めました。今後も期待できそうです。やるじゃないJPX400。

JPX400に採用されていない、もしくは除外候補に取り上げられている大企業に対して、株主還元をせまるひとつの道具ですね。

やるじゃないJPX400

東証と日経がタッグを組んで新しく作ったJPX400指数。TOPIXや日経平均株価といった歴史のある指数に割り込むのは相当大変だろうと私は遠い目で見ていました。

確かによく使われる指数としてはまだまだです。しかしながら、企業側の立場として、この400銘柄に選択されていない、もしくは除外候補になるというのは、投資家軽視の経営を行っているとみなされる恐れがあります。

その結果、三井物産が初の自社株買いを発表したり、アマダが「今後の儲けはすべて投資家へ還元」と発表したりと、投資家へのメリットが生まれてきました。

指数としてよりも、指数に採用されるために企業努力を促すための存在として光り輝き始めました。今後も期待できそうです。やるじゃないJPX400。

JPX400に採用されていない、もしくは除外候補に取り上げられている大企業に対して、株主還元をせまるひとつの道具ですね。