リクルートのMSCIリバランス

本日はリクルートのMSCIリバランスがありました。規模の割には上にも下にも大きく動きませんでした。

とにかく売り圧力が大きかった。想定需要717万株に対して、14:30には400万株の引売、14:45には500万株、14:55には600万株と、どんどん増えていきました。それでも株価が下がらず、よく耐えたと思います。

そして大引け3秒前に一瞬の大口買い。どういった意図だったのか、単にそうしたかっただけなのか? ちょっと意味が分からなかった。

リクルートの次の大きなリバランスは11月のTOPIXです(11/27)。それまで1ヶ月近く、ご歓談タイム!

20141029_01

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

↓大引寸前の歩み(MarketSpeedより)
20141029_02