海外投資家、マイナスGDPに耐える

先週の投資部門別売買状況です。11月17日のGDPマイナス発表、解散総選挙へ流れが一気に傾くといった怒涛の一週間でした。

海外投資家はTOPIX先物、株式は買っているけれど、日経先物が大幅マイナス。トータルではあまり変わらず。マイナスGDPで売り込むといったこともなく、耐えている感じでしょうか。

細かく見れば、マイナスGDPに短期的な反応で日経先物を売ったけれど、長期的な資金は継続して入っているという感じでしょうかね。

2014年11月第3週 ( 11/17 – 11/21 ) 単位 億

TOPIX先物 225先物 株式(2市場) 全合計
自己 ▲ 1,385 497 ▲ 1,388 ▲ 2,276
海外投資家 1,522 ▲ 2,364 1,318 475
個人 1 303 ▲ 1,466 ▲ 1,162
信託銀行 ▲ 101 339 919 1,156
投資信託 154 377 ▲ 259 272
事業法人 ▲ 8 17 722 731
その他法人等 ▲ 0 11 ▲ 10 1
生保・損保 ▲ 222 ▲ 42 ▲ 151 ▲ 415
都銀・地銀等 44 1,009 63 1,116
その他金融機関 0 ▲ 1 277 276

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 13,787 11,208 ▲ 2,579
個人信用 ▲ 20,587 21,700 1,113

 

20141128_01