個人投資家が先頭を走る

先週の投資部門別売買状況です。順調に日経平均が上昇していった週でした。

相場を引っ張ったのは海外投資家…と思っていたら、なんと個人投資家でした。今まで売ってきた投資信託もプラスで、いつのまにか先頭を走っています。

信託銀行も大きめに売ってきてますね。高値でも買い一辺倒というわけではないようです。

株価が上昇しつつも、一気のお祭りモードには入らず。3歩進んで2歩下がる。楽させてくれないなぁ。

2015年3月第3週 ( 3/16 – 3/20 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 1,747 ▲ 635 ▲ 105 702 1,709
海外投資家 ▲ 2,964 724 85 1,334 ▲ 821
個人 590 37 9 95 731
信託銀行 ▲ 651 207 4 ▲ 1,346 ▲ 1,786
投資信託 625 151 ▲ 1 ▲ 212 563
事業法人 83 3 ▲ 0 ▲ 261 ▲ 174
その他法人等 46 3 0 89 139
生保・損保 19 68 0 ▲ 176 ▲ 88
都銀・地銀等 344 ▲ 513 0 ▲ 81 ▲ 251
その他金融機関 2 0 0 48 50

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 13,471 12,763 ▲ 709
個人信用 ▲ 19,124 19,928 804

 

20150326_01

スタバ株 THE FINAL

本日(3/20)はスタバ株の最終売買日です。本日をもって上場廃止です。

現在株式を保有している方は、(1)市場で売却する、(2)そのまま保有して6月中旬に予定されている金銭払い込みまで待つ、の2種類の選択があります。詳しくは、下記の資料をご覧下さい。↓

⇒ 端数株式処分代金のお支払いに関するご案内(PDF)

今後は証券コード「2712」と打ち込んでも、何もでてきません。さみしいなぁ。

「スタバ株 THE FINAL」本日にて終了。今まで楽しませてくれてありがとう!

海外投資家の買い継続中

先週の投資部門別売買状況です。日経平均19,000円の壁を乗り越えた週でした。

海外投資家の買いが継続中。投資信託からの売りは前週同様、かなりすくなくなりました。売っているのは、やはり逆張りの個人投資家です。

個人の信用分は若干の買い越し。順張り系の人もぽちぽち出ていますね。

2015年3月第2週 ( 3/9 – 3/13 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 1,031 ▲ 291 ▲ 80 ▲ 1,154 ▲ 495
海外投資家 ▲ 926 872 121 3,062 3,129
個人 274 14 ▲ 2 ▲ 1,421 ▲ 1,135
信託銀行 ▲ 44 ▲ 94 11 ▲ 355 ▲ 482
投資信託 208 ▲ 71 ▲ 29 ▲ 316 ▲ 209
事業法人 ▲ 66 4 6 141 85
その他法人等 16 3 0 48 67
生保・損保 31 ▲ 299 0 ▲ 176 ▲ 444
都銀・地銀等 ▲ 296 ▲ 57 0 181 ▲ 172
その他金融機関 ▲ 0 0 0 52 52

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 13,783 11,694 ▲ 2,089
個人信用 ▲ 18,572 19,241 669

 

20150319_01

バブルの始まり-クジラと共に

先週の投資部門別売買状況です。

投資信託からの大規模売りがようやく止まった感じです。高値つかみの投資家からのやれやれ売りがひと段落ですかね。

今回ひとつ特徴的だったのが、JPX400先物に信託銀行からの大きめの買いが入ったこと(といっても89億ですけど)。噂されているクジラさんがJPX400にガッツリ入り始めたのかも。

そして本日、3度目の正直で、日経平均19,000円超え。結局なんだかんだと1ヶ月近く待たされました。まだまだ全然安心できないけれど、バブルよ来い!、はーやく来い!

この状態をフランス料理風に言えば「バブルの始まり-クジラと共に」(なんじゃそりゃ~)。ほんと頼むよ~。

2015年3月第1週 ( 3/2 – 3/6 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 1,122 217 ▲ 166 ▲ 548 625
海外投資家 ▲ 680 ▲ 390 46 2,100 1,076
個人 57 14 ▲ 7 ▲ 1,167 ▲ 1,103
信託銀行 ▲ 121 293 89 ▲ 34 227
投資信託 ▲ 120 105 37 ▲ 234 ▲ 213
事業法人 ▲ 76 ▲ 0 ▲ 0 287 210
その他法人等 5 ▲ 0 0 32 37
生保・損保 41 ▲ 16 0 ▲ 273 ▲ 248
都銀・地銀等 ▲ 138 ▲ 221 0 ▲ 45 ▲ 405
その他金融機関 ▲ 0 0 0 26 26

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 12,728 11,016 ▲ 1,712
個人信用 ▲ 17,962 18,506 544

 

20150313_01

ダウの銘柄入れ替えはAT&Tの売りかな

先日の金曜日(3/6)、米国ダウの銘柄入れ替えの発表がありました。新規採用はアップル(AAPL)で、除外はAT&T(T)。実施は18日終了後です。

ダウの銘柄入れ替えの影響を以前に調べたことがあって、2008年当時、入れ替え日当日、すべての銘柄に1,500万株程度の出来高増がありました。当時の調査結果です↓。

全世界のコバンザメ投資総まとめ

image112_01

その後に2回くらいダウの入れ替えあったのですけれど、それは調査していません(汗)。

ダウは日経平均と同じ仕組みで、株価だけで計算します(時価総額は考慮されません)。なので、入れ替え時に売買される株数は、基本全銘柄同じ株数です(日経平均と違ってみなし額面の考え方もないし、ウエイトに差もそれほどない)。

ということは、普段の出来高が薄い方が影響を受けると。パッと見でアップルで0.3日程度、AT&Tで0.7日程度か。じゃあ、AT&Tの方がインパクトが大きいので、こっちを売ればいいんじゃね…と(適当)。…もうちょっと調べてみるか。

米国でさかんに売買されている指数は、ダウではなくS&P500やNasdaq100とかなので、あまり影響ない感じですね。

引き続き海外投資家の買い

先週の投資部門別売買状況です。日経平均は順調に右肩上がりの週でした。

前週と同様に、海外投資家買い、個人投資家と投信が売り越し。個人所有の株が海外投資家に次々と引き渡されています。

さて、ここから海外投資家が泣いて投げるような展開になるのか、それても笑う展開がくるのか…。上にも下にもなかなか動きませんねぇ。

2015年2月第4週 ( 2/23 – 2/27 ) 単位: 億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 ▲ 792 ▲ 2,846 10 2,674 ▲ 955
海外投資家 2,064 2,715 ▲ 41 2,682 7,420
個人 604 60 4 ▲ 4,464 ▲ 3,797
信託銀行 ▲ 212 ▲ 12 6 599 381
投資信託 ▲ 1,594 37 1 ▲ 243 ▲ 1,799
事業法人 33 ▲ 8 0 ▲ 233 ▲ 207
その他法人等 ▲ 174 177 0 134 138
生保・損保 36 162 0 ▲ 395 ▲ 197
都銀・地銀等 ▲ 63 ▲ 296 0 ▲ 80 ▲ 439
その他金融機関 ▲ 0 0 0 ▲ 37 ▲ 37

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 15,832 11,870 ▲ 3,962
個人信用 ▲ 20,436 19,933 ▲ 502

 

20130305_01

あともうちょっとが届かないなぁ

ポジションをバブルモードに切り替えてから数日。うーん、なかなか思い通りにはいかないですね~。月曜、火曜日と連続で上に抜けるチャンスではあったのですけれど、あともうちょっとが届かない。

だんだんと日経平均も下方向に振れが大きくなりつつあったので、先物を全部一旦閉じて、信用もレバレッジを縮小させました。

これでようやく緊張から解放されたせいか夕方から超爆睡。

それでもバブルモードにいつ入ってもOKな監視体制とポジション構成ではあります。

一旦跳ね返されたので、再度上に行くとしても、抜けるにはもう少し時間がかかりそうな感じですね。なかなか楽させてくれませんねぇ…。