今年の総括

今年の総括です。ひとことで言えば「郵政IPOにものすごく助けられた」年でした。その勢いで今年の目標をなんとかクリア。8月の急落はマジやばいと思いましたよ。

来年はそんなラッキーな話はありえないよなぁ。といいつつ、ラッキー頼みの投資法になりつつあるなぁ。いいのかなぁ。まあいいや(笑)。

ということで、オンライン・オフラインを通じて、本年はみなさまには大変お世話になりました。また来年もよろしくおねがいします。

よいお年をお迎えくださいませ。GOOD LUCK!

5のつく年は負けなしのアノマリー継続!

本日で今年の取引は終了。みなさまお疲れ様でした!

なんだかんだとありながら、2015年の日経平均は無事プラスとなりました。

私のスタバ本でもご紹介していますが、これで西暦最後に5のつく年は負けなしのアノマリーは継続です。10年後に再度ネタとしても使えますね(笑)。

このアノマリーに気づくきっかけとなったはラリーウィリアムズの講演から。なぜ5のつく年がいいのかについて、彼いわく、太陽の活動周期が関連しているとのこと。

ぶっ飛んだ成績を持つ人は、考え方もぶっ飛んでる。カッコいい!とおもってしまいました(笑)。

来年の6のつく年は5勝1敗です。またも期待もてるかな?

郵政3社ウルトラ逆噴射

本日は12月のTOPIXリバランス日でした。郵政3社も該当します。

結果はウルトラ逆噴射。これだけ時価総額が大きいものすべて逆側に大きく振られたのは初めて見たかも。

見せ場らしい見せ場は、後場始まってすぐくらいでしょうか。これもすぐ跳ね返されて、買い方絶望状態に。

ジンベイザメさん、いたのかな? 大引が成立したので、いたんだろうけれど、存在感なかったですね。

ちなみに東証と名証の両方に上場しているジーフット、東証は1036円でしたけれど、その30分後に終了した名証は993円と安値引けでした。

 

コード 銘柄 ウェイト(億) 前日比 VWAP比
6178 日本郵政 7326 ▲ 4.15% ▲ 1.50%
7182 ゆうちょ銀行 5498 ▲ 3.00% ▲ 1.00%
7181 かんぽ生命保険 1608 ▲ 3.77% ▲ 1.72%
2337 いちごグループHD 483 1.09% ▲ 1.21%
6183 ベルシステム24HLDGS 303 ▲ 2.85% ▲ 1.69%
6871 日本マイクロニクス 260 4.85% ▲ 0.85%
6619 ダブル・スコープ 205 1.75% ▲ 1.04%
3463 いちごホテルリート投資 177 0.52% ▲ 0.31%
2117 日新製糖 134 ▲ 1.14% ▲ 2.12%
7618 ピーシーデポコーポ 101 1.27% 0.38%
2686 ジーフット 97 2.17% 0.07%
6082 ライドオン・エクスプレス 51 1.86% 0.96%
3778 さくらインターネット 50 6.13% 0.31%
9769 学究社 32 ▲ 1.80% ▲ 0.88%
6099 エラン 18 8.80% 2.14%
2930 北の達人コーポ 15 ▲ 0.83% ▲ 0.44%
(参考) TOPIX先物 0.88% 0.50%

 

20151229_01

(1日チャート出典: Yahoo Japan Corporation.)

逆日歩は忘れた頃にやってくる

本日は12月末の逆日歩発表でした。5日分の逆日歩がつきます。

久々に大当たりが発生。3銘柄。日本研紙、フレンテ、ベルパーク。特に日本研紙は悶絶ものです。

最近は1日だけ逆日歩というパターンが多かったので、油断していた方も多かったのでは。はい、私がそうです(大涙)。

逆に意外とつかなかったのが、六甲バター、不二家、グリーンランド。グリーンランドって、常にトップクラスだったのに、どうした!?

 

コード 銘柄名 市場 超過数 逆日歩 単位逆日歩 逆日歩率 規制
5398 日本研紙 東2 116000 40 40000 38.46% 停止
2226 フレンテ 東J 3900 256 25600 8.06% 注意
9441 ベルパーク 東J 4700 136 13600 4.07%
4286 レッグス 東1 99000 32 3200 4.08%
6661 OPTEX 東J 22000 32 3200 4.05%
2215 第一屋パン 東1 476000 2.75 2750 2.31%
2212 山崎製パン 東1 582000 2.5 2500 0.10%
4025 多木化学 東1 126000 2.25 2250 0.30%
7625 グローバル 東2 22600 20 2000 6.64%
2501 サッポロHD 東1 1494000 1.25 1250 0.24%
2533 オエノHD 東1 330000 1.25 1250 0.53%
4746 東計電算 東1 21000 9.5 950 0.42%
3097 物語コーポ 東1 57700 5 500 0.09%
4985 アース製薬 東1 47700 5 500 0.10%
9830 トラスコ中山 東1 89200 5 500 0.11%
2811 カゴメ 東1 196900 3.5 350 0.17%
2128 ノバレ-ゼ 東1 46800 2.75 275 0.29%
2402 アマナ 東マ 27300 2.75 275 0.31%
2418 ツカダグロー 東1 96700 2.75 275 0.35%
2579 コカウエスト 東1 204500 2.75 275 0.11%
3028 アルペン 東1 139900 2.75 275 0.14%
3950 ザ・パック 東1 42400 2.75 275 0.09%
6067 メディアF 東マ 62700 2.75 275 0.58%
6078 バリューHR 東2 56300 2.75 275 0.14%
7613 シークス 東1 42600 2.75 275 0.08%
8165 千趣会 東1 592600 2.75 275 0.35%
4912 ライオン 東1 300000 0.25 250 0.02%
8179 ロイヤルHD 東1 194400 2.5 250 0.11% 注意
3001 片倉工業 東1 58600 1.75 175 0.14%
2427 アウトソシン 東1 157500 1.5 150 0.05%
3196 ホットランド 東1 127200 1.5 150 0.10%
4927 ポーラオルH 東1 94700 1.5 150 0.02%
3630 電算システム 東1 37100 1 100 0.05%
6077 N・フィール 東1 75200 1 100 0.07%
2502 アサヒ 東1 124300 0.5 50 0.01%
2702 マクドHD 東J 383800 0.5 50 0.02% 停止
3788 GMOクラ 東1 44900 0.5 50 0.07%
4578 大塚HD 東1 69400 0.5 50 0.01%
9384 内外トランス 東1 75100 0.5 50 0.04%
2266 六甲バター 東1 43700 0.25 25 0.01%
2503 キリンHD 東1 430400 0.25 25 0.02%
2580 コカ・コーラ 東1 83100 0.25 25 0.01%
3003 ヒューリック 東1 218300 0.25 25 0.02%
4633 サカタインク 東1 76000 0.25 25 0.02%
6789 ローランDG 東1 5100 0.25 25 0.01%
7984 コクヨ 東1 215500 0.25 25 0.02%
7989 ブラインド 東1 29400 0.25 25 0.03%
1899 福田組 東1 496000 0 0 0.00%
2193 COOKPA 東1 8400 0 0 0.00%
2211 不二家 東1 267000 0 0 0.00%
2914 日本たばこ 東1 165800 0 0 0.00%
3064 MRO 東1 79700 0 0 0.00%
4221 大倉工業 東1 0 0 0 0.00%
4826 CIJ 東1 78300 0 0 0.00%
4911 資生堂 東1 16400 0 0 0.00%
5105 東洋ゴム工業 東1 0 0 0 0.00%
6592 マブチモータ 東1 0 0 0 0.00%
7846 パイロット 東1 0 0 0 0.00%
8011 三陽商会 東1 189000 0 0 0.00%
9656 グリーンラン 東2 0 0 0 0.00%
9672 東京都競馬 東1 475000 0 0 0.00%
9722 藤田観光 東1 620000 0 0 0.00%

とりあえずリスクオフ

先週の投資部門別売買状況です。金曜日に日銀会合結果による激しい乱高下があった週でした。

個人と海外投資家が共に売り越し。双方が同じ方向性になるのは珍しいですね。乱高下が影響したのかもしれません。

海外投資家はTOPIX先物売りが多いです。とりあえずリスクオフしておけという感じ案ですかね。

2015年12月第3週 ( 12/14 – 12/18 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 943 1,410 170 ▲ 617 1,907
海外投資家 ▲ 102 ▲ 1,144 ▲ 161 ▲ 330 ▲ 1,737
個人 ▲ 377 ▲ 159 ▲ 1 ▲ 572 ▲ 1,109
信託銀行 ▲ 527 ▲ 193 0 1,071 352
投資信託 116 ▲ 55 ▲ 8 138 191
事業法人 142 ▲ 9 ▲ 0 200 333
その他法人等 17 ▲ 0 ▲ 0 284 300
生保・損保 ▲ 10 521 0 ▲ 195 316
都銀・地銀等 ▲ 363 ▲ 347 0 ▲ 8 ▲ 717
その他金融機関 27 0 0 152 179

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 11,064 10,242 ▲ 822
個人信用 ▲ 16,563 16,813 250

 

20151225_01

第2次湾岸戦争の時と同じなら

ここ数日の日経平均の強さをボーっと眺めていましたら、突然ふと、第2次湾岸戦争が頭に浮かびました。あの時も弱気相場から一気に反転したなと。

第2次湾岸戦争は、開始日がほぼ想定されていました。マスコミが「この日に違いない」といった報道していたように記憶しています。その日に吸い込まれるように、市場はかなりの弱気相場になっていました。

ところが、その想定日の数日前に株価は大底を打ったのです。そして強気相場へと変わりました。下記チャートは第2次湾岸戦争があった2003年のS&P500です。3月中旬が大底でした。

 

20151217_02

「戦争開始のラッパの音とともに株を買い、終了のラッパの音とともに株を売れ」といった格言が私の頭の片隅にありまして、その時、あわてて株式を買いに走った記憶があります。

今回のFRB利上げの転換は、その形に似ています(今のところはですが)。期日が分かっている大イベント通過時には似た値動きになるんじゃないかと大妄想。

ということで、ただそれだけの理由なのですが、強気側に倒そうかなと。もし間違ったなら、即、損切りをすればいいだけの話ですから。

ちなみに第2次湾岸戦争は、終了のラッパの音が鳴った後も株は上昇し続けました。終了時に株式を売った私は涙目になったことはナイショです。

海外投資家が先物めっちゃ売り

先週の投資部門別売買状況です。日経平均がひたすら下がって、BIGSQを迎えた週でした。

海外投資家がめっちゃ先物を売り。特にTOPIX。BIGSQを含めた週は多少値が歪むので、どこまでガチなのかは、わからずです。

ここ数日の上昇を見ると、この時の売りの巻き戻し買いなのかもしれませんね。

2015年12月第2週 ( 12/7 – 12/11 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 1,793 9,717 169 ▲ 5,734 5,946
海外投資家 ▲ 3,408 ▲ 8,260 ▲ 129 82 ▲ 11,714
個人 582 78 ▲ 0 1,687 2,348
信託銀行 ▲ 1,031 ▲ 828 ▲ 50 1,751 ▲ 157
投資信託 1,400 ▲ 592 0 924 1,732
事業法人 ▲ 106 ▲ 0 10 1,023 926
その他法人等 10 ▲ 2 ▲ 0 570 579
生保・損保 19 ▲ 222 0 20 ▲ 183
都銀・地銀等 703 91 1 ▲ 514 281
その他金融機関 ▲ 3 0 0 70 67

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 8,435 8,968 533
個人信用 ▲ 13,931 15,085 1,155

 

20151217_01

海外投資家が先物売り

先週の投資部門別売買状況です。日経平均2万円をタッチした後に下落していった週でした。

海外投資家が先物を中心にしてリスクを避けて売ってきた感じはあります。雇用統計前でしたからね。それ以外はあまり傾向が見えず。

「事業法人」と「その他法人等」に大きな値がありますが、これは12月3日に行われた郵政の立会外取引(財務省⇒郵政)でしょうね。

2015年12月第1週 ( 11/30 – 12/4 ) 単位:億円

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 1,444 3,243 82 ▲ 3,073 1,696
海外投資家 ▲ 1,941 ▲ 2,443 ▲ 8 780 ▲ 3,612
個人 1,248 ▲ 57 0 560 1,752
信託銀行 ▲ 392 ▲ 469 ▲ 82 1,013 70
投資信託 ▲ 260 ▲ 198 14 382 ▲ 61
事業法人 84 18 ▲ 3 7,612 7,711
その他法人等 56 0 0 ▲ 7,182 ▲ 7,125
生保・損保 ▲ 7 ▲ 85 0 ▲ 71 ▲ 163
都銀・地銀等 ▲ 406 ▲ 28 0 ▲ 37 ▲ 471
その他金融機関 1 0 0 24 26

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 10,382 9,703 ▲ 678
個人信用 ▲ 15,337 16,576 1,239

 

20151210_01

株のいい季節がやってきた

11月下旬~5月上旬は、株にとって弱いながらも「追い風」が吹きやすい季節です。株式投資家としてのシーズンオンがやってきました!

今年は郵政上場の11月上旬あたりから追い風が吹きだしたので、いつもより早めですね。

下記日経平均の季節性です。現在発売されている日経マネーの付録にも掲載してます。詳しくは日経マネーで(笑)。

20151205_01

5月以降のシーズンオフになったら、それまでの稼ぎで旅行に行けるようガンバるぞ~、おぅ!。

雇用統計待ち

先週の投資部門別売買状況です。連休明けで4日間の取引でした。

方向感のない値動きで、特に目立った投資主体もありません。米国のサンクスギビングもあり、まったりした週でした。12月の雇用統計待ちですかね。

個人投資家の信用分がいつもよりやや多めの買い越しなので、短期的には上値狙いが多いのかも。

2015年11月第4週  ( 11/24 – 11/27 ) 単位:億円

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 318 813 111 ▲ 144 1,099
海外投資家 291 ▲ 673 ▲ 56 7 ▲ 430
個人 287 10 1 ▲ 230 67
信託銀行 ▲ 238 ▲ 229 ▲ 7 247 ▲ 227
投資信託 ▲ 905 ▲ 96 ▲ 47 ▲ 6 ▲ 1,054
事業法人 ▲ 26 ▲ 0 ▲ 2 279 251
その他法人等 28 1 0 194 223
生保・損保 0 81 0 ▲ 138 ▲ 56
都銀・地銀等 37 20 ▲ 1 ▲ 109 ▲ 53
その他金融機関 21 0 0 ▲ 13 8

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 8,348 7,264 ▲ 1,084
個人信用 ▲ 11,531 12,385 854

 

20151203_01