高PERを敬遠するな

正月休みを利用して、たまりにたまっていた投資関連本の読書開始です! その中で私と非常に考え方が近い書籍のご紹介です。

⇒ 「ミネルヴィニの成長株投資法(2014年1月3日初版)」 - 中級者レベル。

ミネルヴィニはマーケットの魔術師[株式編]にも登場している投資家です。中卒という学歴もなんのその、毎年100%超えと、まさしく桁はずれの利益を稼いでいます。

投資方法は成長株への投資。「高PERを敬遠するな」とか「底値拾いは不要」とか、一般常識とは少し(かなり?)違う考え方をしています。

その考え方の基となっているのが、過去に並外れたパフォーマンスを叩きだした銘柄の研究です。それらの共通点を見出して、そういった兆項のある株式にタイミングを計って投資します。

「成長株はこうやって投資するものだ」という、ひとつの定番を提供しています。

彼が最も影響うけた人物は「ジェシーリバモア」。わたしもジェシーリバモアの書籍に刺激を受けた派なので、考え方が似ちゃうんでしょうね。でもミネルヴィニの成績には足元にも及ばず(笑)。

効率良く一気に稼ぎたいというのなら、こういった順張り投資がいいと思うんですけどね。損切回数が多くなるかもしれないけれど、1銘柄の伸びだけですべての損切が救われる。

「人並みの成績では全然満足できない」「資金は少ないけれど、投資で早く自由になりたい」といった方にお勧めです。

で、日本にも似た投資についての書籍があります。ふりーパパさんの「ゼロから純資産5億円を築いた私の投資法」です。

ずいぶん前に献本して頂いたのに、今頃読んでいました(スミマセン)。

不動産について多くのページが割かれていますが、株式投資の部分もあります。その中に成長株に投資されていたことが書かれていまして、銘柄のPERについての言及がありません。きっとミネルヴィニと同じような視線で選択されていたんじゃないかと妄想。

ミネルヴィニの本を読んだ後に、こちらの本を読むと、日本の実例はこういった銘柄なのかと、より理解が深まるのではないでしょうか。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する