海外投資家の購入パターンに変化?

先週の投資部門別売買状況です。日足が陽線で埋め尽くされた週でした。

買っていたのは海外投資家、売っているのは個人投資家と信託銀行という、株価上昇時に起こるいつものパターンが見られました。

日本市場において、海外投資家は夜間に活発、国内投資家は昼間に活発になると考えられてきてました。このためギャップアップ後に日足陰線というパターンが多いのはそれが理由と思われていました。

ところが最近それが起こってなさそうなのですよ。前週は陽線だらけ。海外投資家は株式購入時のパターンを変えてきたのか?、それとも市場を動かす海外投資家の主体が変化しているのか?
たまたまだったのか?。うーん、分からない…。

2015年11月第2週 ( 11/9 – 11/13 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 254 ▲ 2,341 64 2,981 959
海外投資家 2,116 2,361 ▲ 25 3,004 7,456
個人 ▲ 579 34 0 ▲ 3,299 ▲ 3,843
信託銀行 ▲ 272 ▲ 219 2 ▲ 1,811 ▲ 2,300
投資信託 ▲ 934 ▲ 84 ▲ 23 ▲ 637 ▲ 1,678
事業法人 ▲ 88 0 1 88 2
その他法人等 ▲ 68 64 ▲ 0 ▲ 11 ▲ 16
生保・損保 0 ▲ 21 0 ▲ 267 ▲ 288
都銀・地銀等 ▲ 327 199 0 ▲ 28 ▲ 155
その他金融機関 ▲ 11 2 0 84 74

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 13,079 9,484 ▲ 3,595
個人信用 ▲ 17,891 18,187 296

 

20151119_01