大発会のアノマリー

明日からいよいよ相場が始まります。年の最初は「大発会」と呼ばれています。

そこで日本証券新聞のコラム記載した大発会アノマリーネタです。1年前にご紹介しています。

ポイント: 大納会のトレンドが、そのまま大発会へと引き継がれやすい。

1991年以降の日経平均について、大納会の終値における25日平均移動乖離率と大発会の上昇率との関係をグラフ化しました。横軸が乖離率、縦軸が大発会の株価上昇率です。

直線が右肩上がりということは「順張りせよ」ということです。いい年末を迎えないと、年始もいいようにはなりにくいようですね。

 

20160102_01

昨年の大納会の乖離率は-1.4%あたりで終了。ということは、グラフから推測するに、大発会はプラマイナゼロあたりで終了かなという感じです。

米国市場が崩れ気味なので、もう少し下にいっちゃうかなぁ。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。