誤発注の影響?

先週の投資部門別売買状況す。

海外投資家が「先物買い、現物売り」。緩和期待の短期ポジション取りなんですかね。金額的にそれほど大きいものではありません。

一方で投資信託が大幅売り越し。日経平均が週間で上昇しているのにも関わらず売り越しというのは珍しいです。7月21日大引け際にダブルインバース系の誤発注かもと思われる大量買いがあって、その調整分の先物売りなんでしょうかね。ちょっと分からないです。

2016年7月第3週 ( 7/19 – 7/22 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 593 ▲ 587 ▲ 246 312 72
個人 22 80 ▲ 1 387 489
海外投資家 1,505 522 260 ▲ 1,262 1,025
信託銀行 ▲ 287 107 ▲ 12 660 468
証券会社 31 ▲ 15 0 30 47
投資信託 ▲ 1,817 ▲ 138 ▲ 1 ▲ 147 ▲ 2,104
事業法人 ▲ 19 ▲ 2 0 88 67
その他法人等 1 0 0 235 237
生保・損保 ▲ 79 ▲ 53 0 ▲ 181 ▲ 312
都銀・地銀等 81 79 0 ▲ 71 89
その他金融機関 4 0 0 ▲ 122 ▲ 118

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 7,590 7,130 ▲ 460
個人信用 ▲ 21,329 22,176 847

 

20160728_03

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。