誤発注の影響?

先週の投資部門別売買状況す。

海外投資家が「先物買い、現物売り」。緩和期待の短期ポジション取りなんですかね。金額的にそれほど大きいものではありません。

一方で投資信託が大幅売り越し。日経平均が週間で上昇しているのにも関わらず売り越しというのは珍しいです。7月21日大引け際にダブルインバース系の誤発注かもと思われる大量買いがあって、その調整分の先物売りなんでしょうかね。ちょっと分からないです。

2016年7月第3週 ( 7/19 – 7/22 ) 単位:億

先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 593 ▲ 587 ▲ 246 312 72
個人 22 80 ▲ 1 387 489
海外投資家 1,505 522 260 ▲ 1,262 1,025
信託銀行 ▲ 287 107 ▲ 12 660 468
証券会社 31 ▲ 15 0 30 47
投資信託 ▲ 1,817 ▲ 138 ▲ 1 ▲ 147 ▲ 2,104
事業法人 ▲ 19 ▲ 2 0 88 67
その他法人等 1 0 0 235 237
生保・損保 ▲ 79 ▲ 53 0 ▲ 181 ▲ 312
都銀・地銀等 81 79 0 ▲ 71 89
その他金融機関 4 0 0 ▲ 122 ▲ 118

 

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 7,590 7,130 ▲ 460
個人信用 ▲ 21,329 22,176 847

 

20160728_03

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する