JALとインデックス買い

 JALが9月19日に新規上場予定です。JALによる想定売出価格は1株3790円。売出総額は6,600億円を超える大規模なものです。

これだけの売出額になると、第一生命同様に、FTSEとMSCIの早期組み入れが期待したいところです。

しかし、航空法の外資規制により、外国人が株主になれるのは1/3まで。ということはFTSEもMSCIも浮動株は全体の1/3までとして計算されるでしょう。単純計算で浮動株時価総額は2,200億円。

この額はFTSEもMSCIも早期組み入れになるかどうかの、ぎりぎりあたりだと思います(ライセンスを保有している証券会社のレポートに期待しています(笑))。

また、株主優待についても、9月末株主からではなく、来年の3月末株主からの配布開始です。

JALのブックビル参加は、わたしの中ではトーンダウン。

JALとインデックス買い

 JALが9月19日に新規上場予定です。JALによる想定売出価格は1株3790円。売出総額は6,600億円を超える大規模なものです。

これだけの売出額になると、第一生命同様に、FTSEとMSCIの早期組み入れが期待したいところです。

しかし、航空法の外資規制により、外国人が株主になれるのは1/3まで。ということはFTSEもMSCIも浮動株は全体の1/3までとして計算されるでしょう。単純計算で浮動株時価総額は2,200億円。

この額はFTSEもMSCIも早期組み入れになるかどうかの、ぎりぎりあたりだと思います(ライセンスを保有している証券会社のレポートに期待しています(笑))。

また、株主優待についても、9月末株主からではなく、来年の3月末株主からの配布開始です。

JALのブックビル参加は、わたしの中ではトーンダウン。