へぎそば

 父親の喜寿の祝いに新潟へ。新潟駅で乗り換えて、更に北へ向かいます。

その乗り換えの時間を使って、いつも立ち寄っているのが「そば」屋さんです。「へぎそば(海藻を使ったそば)」で有名な小鳩屋さん(いろいろと分家があるようです)が、駅ビルに入っているのです。

色が緑かかっていて、かための食感で、きれがあります。そばとはまた違うおいしさがあります。新潟駅で時間がある時にはぜひお立ち寄りあれ。

20120812_01.jpg

また、新潟からのお土産の定番は「万代太鼓」「笹団子」あたりだと思います。多少変化球を狙う方へのおススメは「えだまめ餅」です。そのまんまで、えだまめの味がする餡が入ったお餅です。

20120812_02.gif

 1個がおなかにヘビーに効いてくるので、あまり個数は多くなくていいですよ。

へぎそば

 父親の喜寿の祝いに新潟へ。新潟駅で乗り換えて、更に北へ向かいます。

その乗り換えの時間を使って、いつも立ち寄っているのが「そば」屋さんです。「へぎそば(海藻を使ったそば)」で有名な小鳩屋さん(いろいろと分家があるようです)が、駅ビルに入っているのです。

色が緑かかっていて、かための食感で、きれがあります。そばとはまた違うおいしさがあります。新潟駅で時間がある時にはぜひお立ち寄りあれ。

20120812_01.jpg

また、新潟からのお土産の定番は「万代太鼓」「笹団子」あたりだと思います。多少変化球を狙う方へのおススメは「えだまめ餅」です。そのまんまで、えだまめの味がする餡が入ったお餅です。

20120812_02.gif

 1個がおなかにヘビーに効いてくるので、あまり個数は多くなくていいですよ。

激うまタルトケーキ

タルトケーキは、通常のケーキやロールケーキに比べて、生地のおいしさが今一歩で、私にはあまり魅力なく、選択の対象外だったのですが、その認識を一変させるものに出逢いました。キルフェボンのタルトケーキです。周囲の口コミで噂になっていたので、横浜の店舗で購入しました。

食べてびっくり、タルトってこんなに生地を美味しく作れるんだ…。その上のフルーツも一級のものを選んでるようで、すべてがうまい(いちごが多少すっぱいですが)。こんなタルトであればいくらでも食べれそうです。

ただお値段もその分高く、一切れ700円前後です。私の普段の昼飯の2倍(笑)。写真の4切れだけで3,000円近くします。おススメは定番の季節のフルーツタルト(中央の2切れ)。相場で勝った時の自分へのお祝いにいかがですか?

20111120_01.jpg

アンティ・アンズ

もう既に10年ほど前になりますが、カリフォルニアに住んでいた頃、これを日本に持っていったら結構受けるだろうな… と思えるものが3つありました。

ひとつ目がスターバックス。ふたつ目がクリスピークリーム・ドーナッツ。みっつ目がアンティ・アンズ。月曜日のWBSで紹介されていましたが、いよいよアンティ・アンズが明日、池袋に登場するようですね。

ただこのアンティ・アンズ、私が美味しいと感じる条件があって「その場でアツアツ」「アーモンドクランチ」でなければダメでした。よって、いつも行列を作っているようなロケーションにある店舗を狙っていました。

超ローカルな話をすれば、ギルロイのアウトレット店はダメで、サンノゼのグレートアメリカショッピングセンター店である必要があったのです。持ちかえりは私にとってNGでした。ただ、その時からもうかなり月日が経っていますので、改良されているのかもしれません。

その他にも、意外と仲間内で受けが良かったのが「タコベル」。日本の気候には合いにくいかもしれないけれど「ジャンバ・ジュース」なんかも夏に食べたくなります。リヴァンプさん、よろしく!

ふくやのロールケーキ

共立メンテナンス(9616)の株主優待を目いっぱい利用して修善寺温泉の菊屋に宿泊しまた(株主優待がなければこんな所には泊まれません…)。夏目漱石が療養先として一時滞在したこともあるほどの老舗です。

いつもセルフ的な宿に宿泊していましたので、車到着から鍵を預け、靴の整理、荷物の運搬、部屋の案内まで、すべてお任せといのは、ちょっと偉くなった気分です。いやあ良かったです。写真はウエルカムドリンク(お茶)。

20090404_01.jpg

20090404_02.jpg

部屋がまた広いこと。今回は8畳間が2部屋、渡り廊下があって、トイレが2つ、洗面所が2人同時に使えるタイプで、室内風呂もある部屋に案内されました。ベッドのマットが気持ち良くて、ぐっすり寝ることができました。

大浴場があるのですが正直狭いです。しかしながら4つの無料貸切風呂があり、客室露天付きの部屋も多いためか、全然混んでいません。ゆっくり入れます。貸切風呂もなかなかGOODです。

また、共立メンテナンス系列おなじみの「夜泣きそば」「風呂上りの牛乳&コーヒー牛乳」の無料サービスもあります。

ちょっと難を言えば「ちと寒い」。木造建築なので暖房をガンガン入れてもどこか冷えます。トイレに行くのが億劫。部屋に用意されていたコタツに入りっぱなしです。まるで田舎の自分の家に帰った感じでした。

で、今回の旅行で一番印象に残ったのがふくやのロールケーキです。ロールケーキフリークの人ならは、この店の名を知らないわけがないというくらい有名なお店です。百貨店でもたまに販売があるのですが、あっという間に売り切れる、超うまのイタリアンロールケーキです。

20090404_03.jpg

本店は沼津市にあるらしいのですが、場所が近いという事で伊豆長岡の支店にアポなしで行きました。覚悟はしていたのですが、当日分は既に予約済みで売り切れ。明日分も既に売り切れということで、目の前に展示しているのにも関わらず、お目当てのロールケーキは買えませんでした。その横で予約客がひっきりなしに訪れて10本単位で購入していきます。恐るべし人気です。

もうロールケーキはあきらめて、パウンドケーキを購入して帰ろうとしたところ、お店の人から「あのぉ、これ、端の切り落としなのですが、よかったら召し上がってくださいね」と、イタリアンロールケーキの切り落としを無料で頂きました!
その切り落とし量が半端ではなく、ロールケーキ1個から2個分位はあったと思います。ずしりと重かった。

切り落としといっても、皮の部分も中身の部分もしっかり残っていて、味自体はなんら変わりがありません。あのスポンジ、クリーム、栗の粒。あっという間に食べきってしまいました。本当にごちそうさまです。今思えば写真を取っておくべきだった…。

ふくやではイタリアンロールケーキが売り切れていたとしても、何か別のものを購入すれば、いい事が起きるかもしれませんよぉ! あ、自己責任でお願いします(笑)。

七里ガ浜

20080914_01.jpg鎌倉の七里ガ浜には特徴あるレストランが数多くあります。その代表格が、イタリアンのアマルフィ、カレーの珊瑚礁、スクランブルエッグとリコッタパンケーキのbills。

天気が良い日はアマルフィ・デラセーラでのランチが私のお決まりのコース。2時近くに到着したのですが、さしたる待ち時間もなく店内に入りました。ビール片手に至福の時間。あああ天国(写真奥は江ノ島)。

20080914_02.jpg 食事を満喫した後、ダメ元で「世界一の朝食」と称されるbillsへ。待ち時間を確認したところ「2-3時間待ちです」。さすがに諦めました。この3連休は特別だったようで、平日であれば30分以内、多くても1時間待ち程度で入れるとのことでした。

都心に住んでいる方で休日をのんびり過ごし、思いっきりリラックスしたいという方には、七里ガ浜はおすすめの場所です。

あまおうロールケーキ

横浜には高島屋に「グラマシーNY」が入っているのですが、いつ行っても「あまおうロールケーキ」は売り切れになっていたため、覚悟を決めて朝から行きました。

20080209_01.jpg 到着したのは、開店から20分程度。待ち列が長い長い。100人以上は並んでいた最後尾後で整理券を配布していて、あと3枚しか残っていませんでした。ぎりぎりセーフ。あと1分遅かったら買えなかった。これで本日分は終了。

お店の人曰く、テレビで放映されてから、平日、休日ともに変わらず、こんな調子なのだそうです。早くブームは終わって欲しい(列の整理とか大変)とお話していました。

「グラマシーNY」のロールケーキは生地も美味しい(しっとり系)のに加え、あまほおうのイチゴが本当に甘いこと。朝早く出かけた甲斐がありました。ごちそうさま。

じゃがポックル

北海道お土産といえば、白い恋人、六花亭のクッキー、ROYCE’のチョコあたりが有名だと思うのですが、最近急速に人気が高まっているのが「じゃがポックル」。カルビーが北海道限定で販売している菓子で、店舗に入荷した途端に蒸発的になくなります。

気まぐれ社員から「入手困難だけど、あったら買ってきて」と依頼されておりまして、「そんなに人気があるのかい? 」と半信半疑だったのですが、千歳空港でじゃがポックル販売待ち行列を見てびっくり。既に50人くらい並んでいまして、私もすかさず並びました。販売開始からわずか15分くらいで完売。買えない人もいました。

家に帰って早速賞味。これは並んだ甲斐がありました。これはうまいです。森永のポテロングに似ていますが、それよりもはるかにきめ細かいサクサク感があり、ジャガイモの香りが広がります。

北海道お土産として手頃な値段(840円/10袋入り)で、職場、家族、友人等に配布すると好感度UP間違いなし! ちと残念なのは、カルビーは株式上場していない事ですね。すぐそっち側に考えが向います(笑)。

しかし北海道は寒かった。時折雪が降っていました。東京20度 => 北海道4度 の飛行機の旅。飛行機から降りた時に、レストハウスからゲレンデに出た気分になりました。

本題です。先週の投資部門別売買状況ですが、3市場株式売買は予想通りの売り越し。先物合わせても一緒。そしてとうとうマザーズも売り越し。今年8月とは違って、積極的に売っているというわけではないのですが、徐々に引き揚げているという感じです。

外国人投資家による8月の叩き売り

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
7月4週-289,072 -363,017 -286,998 -939,087
8月1週-333,773 -384,004 -141,355 -859,132
8月2週17,184 -81,597 -207,889 -272,303
8月3週-77,124 138,234 -752,063 -690,953


外国人投資家による10月の引き揚げ
期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
10月3週-133,386 51,861 -289,357 -370,882
10月4週-72,996 -40,116 56,382 -56,730
10月5週4,829 -219,792 268,703 53,739
11月1週-135,025 154,027 -281,777 -262,776


季節アノマリーによる上昇(外国人買い)を期待しているのですが、これが不発となると、長期の下げトレンドを覚悟をした方がいいのか…。

江ノ島ロンカフェ

横浜に住んでいるので、近くにある鎌倉や江ノ島にはよく遊びに行きます。江ノ島で一番有名なお店といえばとびっちょでしょうか。平日でもお昼時は1時間近く待つ必要があるお店です。しらす料理とかき揚げが有名です。

最近、もうひとつ面白いお店を発見しました。江ノ島の頂上「江の島サムエル・コッキング苑」の中にあるロンカフェです。オープンカフェになっていて、そこから見える高台からの江ノ島海岸の景色はとても和みます。時々吹くそよ風と、この店をイメージして作成されたBGMも心地よく、わたせせいぞうさんが描きそうな風景がそこにあります。

ロンカフェからの風景
20070708_01.jpg

大抵、観光名所にある喫茶店は、あまり特色のない無難なお店が多いのですが、ここのお店は違いました。フレンチトーストが有名で、たくさんの種類がある中から選べます。とても柔らかくて暖かいトーストの部分と冷たいアイスの部分が絶妙に交じり合って、ベリーグットでした。もし街中にお店があっても流行りそうです。江ノ島に行くことがありましたら、一度お試しあれ。

クリスピー・クリーム・ドーナッツ

今日はとても天気が良くて気温が高かったので、久々に七里ヶ浜のアマルフィイ デラ・セーラにでも食事に行こうかと鎌倉に着いたまでは順調でした。そこから江ノ電に乗り換えようとしたのですが、なんと駅の改札に入るための長蛇の列がありました。電車も超混雑で、それはもう通勤ラッシュ以上でした。シンジラレナイ。

それでもなんとか七里ヶ浜に到着。踏み切りもない場所の線路をまたいで、急坂をえっちら上ってようやくお店に到着です(それ以外に店に入るルートはありません)。前に15組くらいの待ちだったのですが、約40分くらいで入れました。天気の日の海が見えるテラスでの食事は気持ちいいです。

どうやらGWはどこもかしこも混雑しているようで、ニュースで見たのですが、新宿でクリスピー・クリーム・ドーナッツを買うために、最長約4時間も並んでいたとか。

私が約7年程前、シリコンバレーに住んでいた頃、近くにクリスピー・クリーム・ドーナッツが新規オープンしたとの話を聞いて早速買いに行った所、お店は大混雑していました。あのおいしさは結構有名だったのですよ。2ヶ月くらい経った後に再び買いに行った時にはガラガラでしたが。

確かにオリジナルドーナッツは、モチモチサックリした食感がたまらず、職場でも大人気だったのですが、それ以外のドーナッツは一口食べた後、そのまま残す人が大多数でした(その当時の話)。

もしこのクリスピー・クリーム・ドーナッツを食べて「これは今後、世界中で大ブレークするに違いない」と思った方には朗報です。NYSEに上場していますので、米国株として購入できます。ティッカーはKKDです。

IPO当初、購入を検討したこともあるのですが、オリジナルドーナッツ以外のものが「あまりにも」だったので、見送った経緯があります。その後、私の予想に反して株価は4倍以上になったのですが、2004年頃からの無炭水化物ダイエットの影響を受けて、今はIPOの頃の株価水準を割っています。